ジャパンカップが終わっても、競馬は終わらない。

京都開催の最終ということもあって、最終レースをしっかりと的中させて、

「終わり良ければ総て良し」

なんてことを言いたい(^^;

京都の馬場状態は読みにくいけど、しっかりと予想をしていきたい。

ーーーーーーーーーーーー
■ システマチック予想
ーーーーーーーーーーーー


まずは、誰が逃げるのかという展開想定。

快速馬が揃っているけど、4枠7番アンバルブライベンが行くだろうか、それとも6枠12番サカジロロイヤルか、それとも7枠13番ニザエモンか。

逃げたい馬が揃っているだけに、ハイペースになるのではないかと思う。

馬場がだいぶ悪くなってきているだけに、時計はそんなに速くはならないのではないかと思う。

それだけに、前半3Fは33秒台で行きそうなだけに、先行勢は最後の直線ではバテ気味になるのではないかと思う。

京都は前が有利な印象があるけど、このレースに関しては、追い込み馬でもマイナス材料とせずに考えて進めていこうと思う。


このレースは単純に、以下のファクターを適応して最上位にピックアップされた馬を軸にして馬券を購入していこうと思う。

適応するファクターは【決め手】【レースレベル経験】【実績】【好調教】【馬齢】【過去同レース好走】の6つ。


比較した結果、最上位にピックアップされたのは、

 ・7枠15番:ローブティサージュ

前走はスプリンターズS(G1)で強いところと対戦している経験がここで活かされるではないか。

11着と大敗しているような感じはあるけど、実質的に勝馬からは0.3秒しか負けていない。

夏場から調子を上げているだけに、引き続きその状態を維持していると信じたい。


ローブティサージュから馬券は3連複で購入したいと思う。

買い目は以下の通り。

(3連複フォーメーション)
15 - 1,2,4,5,7,8,9,17,18 (36通り)


ローブティサージュから相手は9頭選び出してのフォーメーション買い。

非常に難解なレースに思えるだけに、荒れる要素も大きく含んでいると思う。

レッドオーヴァルあたり、恐らく1番人気だろうけど、力を出し切ってくれれば本命サイドになるけど、それはそれでいいと思う。

ローブティサージュも今までやってきた相手を考えれば、ここでは力最上位だろうと思う。


鞍上の三浦皇成も好相性だけに、ここでも期待したい。

がんばれ! 皇成!

【お宝】2014年12月6日開幕、中山・阪神・中京コースにおける種牡馬上位データ!

【調教展望】京都12R 京阪杯(G3)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿