東京開催も今週が最後となってしまい、時節経過の早さを改めて実感してしまう。

そんな思いを噛みしめながら、土曜日の東京のメインレースの「ファンタスティックJT」の調教展望を見ていこう。

1600万条件クラスの芝1400m定量戦。

出走頭数は16頭と混戦模様。

天候が崩れる予報となっているだけにどのような馬が直線で抜けてくるのか、しっかりと状態面を把握していこう!


<11月29日(土)ファンタスティックJTの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 キョウエイバサラ 11/27 栗坂 53.3 - 40.0 - 26.8 - 14.0 一杯
1枠 2番 オビーディエント 11/27 CW 85.1 - 69.3 - 54.7 - 40.5 - 12.5 馬也
2枠 3番 エアジェルブロワ 11/27 栗坂 56.2 - 41.3 - 27.2 - 13.6 馬也
2枠 4番 クインズハリジャン 11/27 CW 84.7 - 68.1 - 52.6 - 38.6 - 12.1 一杯
3枠 5番 フレイムヘイロー 11/27 美坂 63.9 - 48.6 - 33.8 - 18.4 強め
3枠 6番 ピークトラム 11/26 栗坂 53.8 - 39.5 - 26.0 - 13.0 強め
4枠 7番 ダローネガ 11/24 栗坂 55.4 - 41.1 - 27.0 - 13.8 強め
4枠 8番 ハングリージャック 11/24 美P 69.4 - 54.1 - 39.7 - 12.9 強め
5枠 9番 プリンセスジャック 11/26 栗坂 56.1 - 40.5 - 26.5 - 13.0 一杯
5枠 10番 ロノ 11/27 栗坂 55.2 - 40.3 - 27.1 - 13.7 馬也
6枠 11番 メイショウヒデタダ 11/27 栗坂 56.2 - 41.2 - 27.1 - 13.8 強め
6枠 12番 トゥザサミット 11/27 南W - - 54.3 - 40.0 - 12.9 仕掛
7枠 13番 マカハ 11/26 栗坂 54.2 - 39.7 - 25.8 - 12.9 一杯
7枠 14番 プランスデトワール 11/26 美坂 56.5 - 41.2 - 27.1 - 14.1 強め
8枠 15番 アールデュラン 11/27 南芝 68.9 - 52.7 - 38.4 - 12.1 馬也
8枠 16番 ロマンス 11/26 美P 69.5 - 54.0 - 39.8 - 12.1 仕掛

【◎ピックアップ!】

(3枠6番:ピークトラム)
休養明けの前走を快勝して、状態面は上昇曲線を描いている感じを受ける。
中間も坂路でしっかりと乗り込まれており、先週は52秒台と好時計。
今週は時計が掛かる馬場の中、全体53秒台、ラスト1Fも13.0秒とバテることなく最後までしっかり。
まだまだ成長途上の3歳馬だけに、ここも成長力でなんなく通過したいところだろう。


(7枠13番:マカハ)
前走は、ラスト3F33秒台の脚を繰り出し後方から3着まで追い込んできた。
このクラスでも目処が立った内容で、展開に恵まれればチャンスは十分といったところか。
中1週と間隔は詰まっているけど、今週の調教は坂路コースで終い重点の追い切り。
ラスト1Fを12.9秒と重馬場の中、しっかりとした動きを見せた。
良馬場でレースができれば、上位争いは必至だろう。

【予想 東京11R ジャパンC(G1)】混戦、混戦、大混戦! 中心はやはりディープ産駒か。

【調教展望】京都11R ラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿