日曜日の京都メインレースは「マイルCS(G1)」。

個人的には、レベルがそんなに高いメンバー構成とは思えず、昨年と同等くらいかなって感じがしている。

ただ、予想に私情の挟み込みは禁物だと思うし、システマチックに予想して馬券に繋げていきたいと思う。


京都コースの芝は徐々に荒れ始めて来ているけど、まだまだ時計がでる馬場であると思う。

快速決着が想定されるだけに、出走馬17頭の特性をしっかりと見極めていきたいと思う。

------------
■ システマチック予想
------------


まずは展開面を見ていこうと思う。

逃げは、というとやはり8枠15番のミッキーアイルだろう。

二の脚が速いからいつもハナを切っているけど、ペース自体はいつもスローに落としたい馬。

その点、他に競りかけて行く馬がいないだけに今回もミッキーアイルのペースになりそうかなと。

ペースはスローもしくは平均くらいになると思われる。


少し、サダムパテックやトーセンラーのような追い込み馬には辛い流れになるのではないかと思う。

しかし、その点はジョッキーも分かっている筈だから、スタート次第で位置取りは変わってくるだろう。

その他で、強調して見ておきたいところは、

[調教面]でピックアップすると

・フィエロ
・ワールドエース
・ダノンシャーク
・トーセンラー
・ミッキーアイル

といったあたりか。

[実績面]でピックアップすると

・トーセンラー
・ミッキーアイル
・ダイワマッジョーレ
・ダノンシャーク
・ワールドエース

といったあたりか。


後はなんといっても、G1レースにはレベルの高いレースをどれだけ経験しているか、ってことが非常に重要になってくる。

その点でいうと、

・トーセンラー
・グランプリボス

の2頭が優位かなと。


後は、【状態面】【馬齢】【決め手】【展開】というファクターを加味して総合力で算出していくと、

・7枠13番:トーセンラー

が最上位にピックアップされてきた。


今年のローテーションはイマイチな部分はあるけど、やはりこの馬の力を信じてみるのがいいということだろう。

システマチックに選び出した予想結果だけにこの馬を軸に馬券を購入していこうと思う。

(3連複フォーメーション)
13 - 3,5,8,9,11.12.14,15,17 (36通り)


トーセンラーから相手候補は上記の9頭をピックアップしてみた。

混戦レースだけに、紛れがあってもおかしくはない。

その点、優劣付けずに馬券は購入しておきたいと思う。

来週のジェンティルドンナはジャパンカップの3連覇が掛かっているけど、

その前に、武豊のマイルCS(G1)の3連覇の掛かるレースでもあるのだ。


素直に豊ちゃんを応援したいと思う。

がんばれ! 武豊!

【調教展望】東京11R 霜月S

【調教展望】京都11R マイルCS(G1)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿