土曜日の東京11Rは「銀嶺S」。

1600万条件クラスのダート1400m定量戦。

出走頭数は16頭と力の拮抗したメンバーが集結した感じだ。

予想難解なレースと見受けられ、オッズもかなり割れている。

こういったレースにチャレンジし続けることにより、予想力を高めていきたいところだ。

まずは状態の把握から取り掛かっていこう!


<11月22日(土)銀嶺Sの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ラヴェルソナタ 11/19 南W - - 54.0 - 39.8 - 13.1 馬也
1枠 2番 ネオシーサー 11/19 栗坂 55.0 - 41.0 - 26.9 - 13.6 強め
2枠 3番 ロードヴォルケーノ 11/19 栗坂 53.7 - 39.5 - 25.3 - 12.3 一杯
2枠 4番 ミッキーヘネシー 11/19 栗坂 54.0 - 39.2 - 25.3 - 12.6 一杯
3枠 5番 アンズチャン 11/19 美坂 56.2 - 40.6 - 26.0 - 12.5 馬也
3枠 6番 シグナルプロシード 11/19 栗坂 52.8 - 38.5 - 25.2 - 12.6 馬也
4枠 7番 キクノフレヴァン 11/19 栗坂 52.1 - 38.0 - 25.3 - 13.0 馬也
4枠 8番 イースターパレード 11/19 栗坂 59.2 - 41.4 - 25.6 - 12.1 馬也
5枠 9番 アフリカンハンター 11/19 栗坂 54.9 - 39.4 - 25.8 - 13.2 強め
5枠 10番 タガノトネール 11/19 栗坂 53.0 - 39.0 - 25.7 - 12.8 一杯
6枠 11番 ダノンハラショー 11/19 栗坂 56.9 - 40.9 - 26.6 - 13.6 一杯
6枠 12番 マックスガイ 11/19 南W 70.4 - 55.3 - 41.2 - 13.8 馬也
7枠 13番 テムジン 11/19 美P 70.0 - 54.6 - 40.6 - 12.8 馬也
7枠 14番 ピンウィール 11/19 栗坂 55.3 - 40.0 - 25.5 - 12.8 一杯
8枠 15番 アルボナンザ 11/19 栗坂 53.6 - 38.6 - 24.8 - 12.4 強め
8枠 16番 ヒメサクラ 11/19 美P 66.2 - 51.4 - 38.0 - 11.8 強め

【◎ピックアップ!】

(2枠3番:ロードヴォルケーノ)
前走の1000条件では、中団から力強い差し脚を繰り出して快勝した。
その状態をそのままこのレースでも引き継いでいる感じで、調教の動きも申し分ない。
今週は坂路コースで全体53秒台、ラスト1F12.3秒と鋭い動きを披露した。
今回は相手が一気に強化されるが、まだまだ成長途上の3歳馬だけに上積みの余地は十分だ。


(3枠6番:シグナルプロシード)
前走の東京マイル戦では、直線で1頭他の馬とは違う次元のレースを見せた。
夏場から状態が上向いており、成績も安定している。
調教内容から、引き続き状態が良さそうであることが想定され、今回も好レースが期待できそうだ。
今週は坂路で全体52秒台、ラスト1F12.6秒と馬なり調整。
後は、このメンバーでどれだけやれるかだろう。


(4枠8番:イースターパレード)
約7ヵ月振りのレースとなるが、坂路を中心にみっちりと乗り込まれてきた。
先週は坂路で50秒台を出すなど、調整に抜かりはない。
今週は、日曜日、火曜日、水曜日と終いの反応を確かめる調整。
かなり状態面は仕上がっていることが想定され、リフレッシュ効果が期待できる1頭だろう。


(8枠15番:アルボナンザ)
前走のウオッカCでは、直線鋭い脚で差して来たが後1歩届かなかった。
距離が200m短縮される今回は、さらに差し脚に磨きが掛かったレースができるのではと思ってしまう。
間隔は詰まっているが、調教の内容も終いを伸ばす内容。
今週は坂路コースで全体53秒台、ラスト1F12.4秒とキッチリ反応をしてみせた。
展開が向けば、あっさりという場面も考えられる。

【予想 東京11R 銀嶺S】前走はフロックではない! 距離短縮で変身完了!

【予想 京都11R アンドロメダS】内回りコースもハンデと切れ味でカバーだ!

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿