土曜日の京都の11Rは「アンドロメダS」。

オープンクラスの芝2000mのハンデ戦。

11頭と出走頭数は少ないけど、力の拮抗したメンバー構成。

微妙なハンデ差がまたさらに難しさを増しているようなレース。

まずは、状態面の把握をしっかりと進めていきたいところだ!


<11月22日(土)アンドロメダSの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 エックスマーク 11/19 CW 84.9 - 68.8 - 53.7 - 39.4 - 12.1 馬也
2枠 2番 セイルラージ 11/19 栗坂 53.9 - 38.5 - 24.9 - 12.5 馬也
3枠 3番 マックスドリーム 11/19 栗坂 55.0 - 39.4 - 25.1 - 12.4 強め
4枠 4番 トウカイパラダイス 11/19 栗坂 55.5 - 40.0 - 25.6 - 12.5 一杯
5枠 5番 ヒュウマ 11/19 栗坂 52.6 - 38.7 - 25.3 - 12.9 一杯
6枠 6番 タガノグーフォ 11/19 栗坂 56.1 - 40.1 - 26.3 - 13.2 一杯
6枠 7番 メイショウサミット 11/19 CW 81.1 - 65.8 - 51.3 - 37.5 - 12.7 一杯
7枠 8番 ヴィクトリースター 11/19 栗坂 52.8 - 38.4 - 25.1 - 12.5 強め
7枠 9番 シゲルササグリ 11/19 栗坂 52.8 - 39.3 - 25.7 - 12.8 一杯
8枠 10番 ゲシュタルト 11/19 CW 65.2 - 51.1 - 37.9 - 12.6 一杯
8枠 11番 ダコール 11/19 栗坂 55.0 - 39.7 - 25.8 - 13.4 一杯

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:エックスマーク)
前走のアイルランドTでは、叩き2走目で2着に喰い込む健闘ぶり。
勝馬には離される形になったけど、諦めずに最後まで自分の脚を使えたことがこのレースに繋がるはず。
調教では、特段速い時計を出している訳ではないけど、乗り込みが非常に入念だ。
この馬のペースに合わせた調整過程でレースを迎えることに非常に好感を持てる。
鞍上ルメールでさらなる躍進をしたいところだろう。


(2枠2番:セイルラージ)
前走のカシオペアSでは勝馬から0.3秒差と仕上がりは良かった方だろう。
今回は叩き2走目となり、中2週ながら疲れは皆無といったところではないか。
今週の調教は坂路コースで全体53秒台、ラスト1F12.5秒を馬なりで計時してきた。
素軽い動きを披露し、まだまだ上積みがあるかのような動き。
このクラスでは力上位だけに、後は展開面との兼ね合いだろう。


(3枠3番:マックスドリーム)
前走は後方から競馬をして、ラスト3Fを33.1秒と鋭い切れ味を見せつけた。
夏場から使われているが、中間の調教内容は緩めることもなくしっかり坂路で乗られている。
今週は坂路で終い重点の追い切りで、ラスト1Fを12.4秒といい動き。
前走同様の鋭い切れ味を期待できそうな状態だろう。


(7枠8番:ヴィクトリースター)
前走は大負けしているけど、G2戦の京都大賞典だけに仕方のないところか。
適鞍に戻って再度見直したいところで、調教内容を見る限り、状態が悪いということはなさそう。
中間の乗り込みは入念で、今週は坂路で全体52秒台、ラスト1F12.5と速い時計でまとめてきた。
ハンデに恵まれた面もあり、軽視はしたくない馬だ。

【予想 京都11R アンドロメダS】内回りコースもハンデと切れ味でカバーだ!

【コラム】馬券はどの賭け方が1番お得なの? 7種類の馬券の平均配当金額と的中率の相関

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿