日曜日の福島のメインレースは「福島記念(G3)」。

ハンデ戦の16頭立てと混戦模様を呈してのレース。

ハンデ戦は非常に難しいレースであると思われるが、果敢にチャレンジしていきたいレースだ。

それでは、さっそく予想していきたい

ーーーーーーーーーーーー
■ システマチック予想
ーーーーーーーーーーーー


まずは展開面。

逃げそうなのは、2枠4番のメイショウナルトだろう。

メイショウナルト自身はスローペースで逃げる馬ではないから、ペース自体は遅くはならないだろう。

それに馬場が悪くなってきているだけに、昨年ほどの時計は出ないだろうと思う。

前日のレース結果を見ても、だいぶ内側は荒れて来ている。

真ん中よりも外側はまだいい感じがするし、直線ではうまく外に持ち出せる馬は優位かなと。


ん~、むずかしいけど、そんな観点を踏まえながら走破時計の推定をしてみよう。

前半3Fは35秒台かなと。

前半1000mは59秒台くらいじゃないかなと。

小回りコースということもあり、ペースは淀みない流れが想定されるし、後半の1000mは61秒くらい掛かるんじゃないかなと想定。

よって、走破時計は2分0秒台での決着になるのではないかと(^^;)。


スタミナもある程度ないとダメだし、切れ味がある馬というよりも、持続的にいい脚を長く使える馬が良いように思う。

後は、現在の状態がどうなのか、以下の【状態】【好調教】【決め手】【実績】【ハンデ】【過去同レース好走】【馬齢】という7つのファクターを全頭に適応させて比較を行いたい。


比較した結果、

 ・2枠3番:ダイワファルコン
 ・8枠15番:ウインマーレライ

が上位にピックアップされてきた。

ダイワファルコンは、昨年、1昨年とこのレースの覇者で、福島コースは大好きなコースであろう。

ウインマーレライもラジオNIKKEI賞(G3)を勝っており、相性の良いコースと言えるだろう。

できれば、どちらかに絞りたいからこの2頭で最後の比較を行い、軸馬を選び出したい。


幸いなことに、ダイワファルコンもウインマーレライも前走は休養明けで毎日王冠を使っている。

共に叩き2走目という訳だ。

前走の毎日王冠の時の着順は、ダイワファルコン(56キロ:10着)、ウインマーレライ(54キロ:11着)と差はほとんどない。

しかし、今回の斤量は、ダイワファルコンが2キロ増の58キロ、ウインマーレライは据え置きの54キロの出走となる。

この斤量差の優位性を考えると、ウインマーレライを優位に取りたい。

よって、軸馬は

 ・8枠15番:ウインマーレライ

に決定!


馬券は3連複で、相手候補は以下の5頭を筆頭に流して買いたい。

・1枠1番:ミトラ
・1枠2番:コスモバルバラ
・2枠3番:ダイワファルコン
・2枠4番:メイショウナルト
・5枠10番:マジェスティハーツ

が相手筆頭。

買い目は以下の通り。

(3連複フォーメーション)
15 - 1,2,3,4,10 - 1,2,3,4,6,9,10,12,13,16 (35通り)


点数はこんなものか。

もともとオッズは割れているし、来ればほぼプラスになる組み合わせ。

難しいレースであると思うが、どんどん的中に近づけるようにいつもチャレンジしていきたい。

エリザベス女王杯の前に弾みをつけたいレースだ。

楽しみ!

がんばれ! 松岡!

【データ】過去10年の勝馬データから、マイルCS(G1)を占う

【調教展望】福島11R 福島記念(G3)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿