日曜日の京都のメインレースは混戦模様の「エリザベス女王杯(G1)」。

18頭と各方面から力のある馬が揃った感じで、非常に見応えがありそうなレースだと思う。

こういった混戦模様のレースは非常に燃えてくる。

今年の秋華賞は1分57秒0という驚異的な時計で制した馬たちも参戦してくる。

まずは、しっかり展開面から予想していきたいと思う。


------------
■ システマチック予想
------------


まずは展開面。誰が逃げるのだろうか。

やっぱ、ヴィルシーナかなと。

ヴィクトリアマイルでは、11番人気ながら自分のペースで運べれば強いということを見せつけたし、やっぱハナを切った方がこの馬らしいと思う。

ヴィルシーナはマイルG1を2つも勝っているように、適距離はやはりマイル前後だろうし、宝塚記念の様に少し遅めのペースでレースを運ぶのではないかと想定しておこう。

よって、このレースは上がりのレースになると思う。

京都の馬場はまだまだ良い状態を保っていて、走破時計はある程度出るだろうけど、今回は遅いのではないかと思う。

だから、後方からレースを運ぶ馬は少しマイナスになると捉えておきたい。


後は、【状態】【好調教】【決め手】【実績】【レースレベル経験】【過去同レース好走】の6つのファクターで全頭比較をしていきたい。

その結果

 ・1枠1番:ラキシス
 ・3枠5番:ヌーヴォレコルト

の2頭が上位の結果で選び出されてきた。

2頭軸で買っても良いがなるべく1頭に絞りたい。


後は自分の好みになるけど、京都コースではディープインパクト産駒が好成績を残しているし、人気のない方が妙味がある。

ということで、

 ・1枠1番:ラキシス

を軸に馬券を購入していきたいと思う。

買い目は以下の通り。

(3連複フォーメーション)
1 - 2,3,5,6,10,12,15,16,17,18 (45通り)


点数は結構多めで。

半数以上が万馬券の組み合わせだから、ラキシスが来るなら荒れて欲しいと思っている。

前目で運べる有利さを最大限活かした騎乗を見たいもの。

川田Jには是非とも頑張って欲しいね。

【調教展望】福島11R 福島記念(G3)

【調教展望】京都11R エリザベス女王杯(G1)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿