ダート界の新星はこのレースから誕生するのだろうか。

そんな期待を抱かせるようなメンバー構成なのは、メインレースの武蔵野S(G3)。

ダートの1600m戦ながら、府中のマイル戦はある程度スタミナを要するコースだろうし、単なる短距離馬には厳しいコースだろう。

出走頭数は16頭とG1を目指す精鋭達が揃った感じ。

どんな展開になるのか、どんな結果になるのか、楽しみながら予想を進めていきたい。

------------
■ システマチック予想
------------


どの馬が逃げるだろうか。

これといった逃げ馬は見当たらない感じで、枠順的に1枠2番カチューシャあたりが行きそうかなと。

自分のペースでレースを進めたいのが8枠16番ロイヤルクレストだろうし、どこかで先頭を窺うポジションにいるだろうとも考えられる。

ペースは平均ペースになりそうな感じがする。

走破時計は1分35秒台での決着になると思う。


後は、馬が持っている総合力を比較していって決めたいと思う。

使用するファクターは、【実績】【馬齢】【決め手】【状態】【好調教】【レースレベル経験】【過去同レース好走】というもの。

全頭に適応した結果

 ・3枠5番:キョウワダッフィー
 ・7枠14番:タールタン
 ・1枠1番:エアハリファ

という順番でピックアップされてきた。


素直にキョウワダッフィーを軸にといきたいところだけど、気になる距離経験を考慮しないといけない。

マイルの経験が近走にないのは非常に気になるところ。

成績は安定していてすごい良いんだけど、やはり最後の一押しが利かないのではないかと思う。

それは、タールタンにも同じことが言える。

よってこの2頭は距離経験という意味で少し割り引いて考えることにする。


・・・ということで、

軸馬は格上げされて、

 ・1枠1番:エアハリファ

で決定!

馬券は3連複で購入しようと思う。

相手候補は距離に不安のない馬たちに注目して

 ・2枠4番:レッドアルヴィス
 ・8枠16番:ロイヤルクレスト
 ・5枠10番:ゴールスキー
 ・8枠15番:アドマイヤロイヤル
 ・6枠12番:フィールザスマート

を中心にしたいと思う。

買い目は以下の通り。

(3連複フォーメーション)
1 - 4,10,12,15,16 - 4,5,8,9,10,11,12,13,14,15,16 (40通り)


点数は多めで。

力拮抗なメンバーに思うけど、キーワードは「距離」。

意外とマイルになると力を発揮できない馬たちが多いのかも知れないと想定。

だから、このレースは荒れた時、きっちりと馬券をゲットしたい。

だけど反面、本命サイドも押さえているし、的中を優先させたい。

非常に楽しみなレースだ。


がんばれ! 皇成!

【調教展望】京都11R エリザベス女王杯(G1)

【調教展望】東京11R 武蔵野S(G3)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿