土曜日の東京のメインレースは「武蔵野S(G3)」。

ダート界は世代交代の風が吹きすさぶ中、毎年のことながら3歳馬に注目が集まる。

今年も勢いのありそうな3歳馬と実績のある古馬との構図をどのように紐解いていくか、

まずは、状態面からしっかりと見ていこう!


<11月15日(土)武蔵野Sの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 エアハリファ 11/12 栗坂 52.8 - 37.9 - 24.3 - 12.4 一杯
1枠 2番 カチューシャ 11/12 CW 80.8 - 65.5 - 51.6 - 38.4 - 13.0 一杯
2枠 3番 グレープブランデー 11/12 栗坂 54.1 - 39.2 - 24.7 - 12.1 一杯
2枠 4番 レッドアルヴィス 11/12 CW 79.0 - 64.0 - 50.1 - 37.4 - 12.7 馬也
3枠 5番 キョウワダッフィー 11/12 栗坂 52.5 - 38.4 - 25.0 - 12.3 一杯
3枠 6番 レインボーペガサス 11/12 栗坂 55.0 - 40.8 - 27.2 - 13.7 仕掛
4枠 7番 グランプリブラッド 11/12 栗坂 53.6 - 39.8 - 26.8 - 13.9 一杯
4枠 8番 トウショウフリーク 11/12 栗坂 52.3 - 37.6 - 25.0 - 12.9 一杯
5枠 9番 メイショウカンパク 11/12 栗坂 54.4 - 39.5 - 25.5 - 12.9 一杯
5枠 10番 ゴールスキー 11/12 栗坂 53.1 - 38.7 - 25.5 - 13.1 一杯
6枠 11番 ワイドバッハ 11/12 栗坂 55.6 - 40.4 - 25.9 - 12.6 強め
6枠 12番 フィールザスマート 11/12 南W 68.8 - 53.4 - 39.4 - 13.2 強め
7枠 13番 ダノンカモン 11/12 CW 81.7 - 66.7 - 51.9 - 38.2 - 12.4 一杯
7枠 14番 タールタン 11/12 栗坂 53.1 - 38.7 - 24.9 - 12.3 強め
8枠 15番 アドマイヤロイヤル 11/12 栗坂 53.0 - 38.4 - 25.3 - 12.8 一杯
8枠 16番 ロイヤルクレスト 11/12 南W 65.3 - 50.8 - 37.3 - 12.9 強め

【◎ピックアップ!】

(2枠4番:レッドアルヴィス)
前走のレパードS(G3)ではこの馬のレースが出来なかったような感じだ。
早め早めの展開よりも、どこかで息の入る流れの方がこの馬には向きそう。
前走から3ヵ月間隔を開けての出走となるが、中間の乗り込みは入念で、
今週はCWで6F79秒台と仕上がりは文句なしと言いたいところ。
後は、力関係がどうかだろう。


(7枠13番:ダノンカモン)
池江厩舎健在、と言わんばかりのハード調教。
坂路とCWで入念に乗り込まれており、今週の本追い切りはCWコースで。
6F81秒台、ラスト1F12秒台と好調子を維持している感じだ。
3週連続CWコースで時計を出されており、馬がきっちりとそれに応えている。
状態面からは推したい1頭。

【予想 東京11R 武蔵野S(G3)】距離経験は大きな宝。得意の東京マイルで末脚炸裂!

【データ】過去10年の勝馬データから、エリザベス女王杯(G1)を占う

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿