チャンピオンズカップ(G1)へ向けての前哨戦となる「みやこS(G3)」。

夏場に活躍していた馬が集合している感じだけど、夏場休養していた馬もチラホラと見られ、力関係を測るのが難しいレースでもあると思う。

状態面をしっかりと把握し、予想に活かしていこう!


<11月9日(日)みやこSの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ブライトライン 11/5 栗坂 53.7 - 38.5 - 25.2 - 13.1 馬也
1枠 2番 ソロル 11/5 栗坂 54.9 - 40.3 - 26.4 - 13.5 一杯
2枠 3番 マイネルバイカ 11/5 CW 87.5 - 71.0 - 56.1 - 41.9 - 13.5 強め
2枠 4番 ランウェイワルツ 11/5 栗坂 52.9 - 38.6 - 25.5 - 13.0 強め
3枠 5番 クリノスターオー 11/5 栗坂 51.7 - 37.7 - 25.0 - 12.8 一杯
3枠 6番 イッシンドウタイ 11/5 北C 81.9 - 68.0 - 53.6 - 39.7 - 12.7 馬也
4枠 7番 ニホンピロアワーズ 11/5 DP 79.7 - 64.4 - 50.5 - 37.1 - 11.5 馬也
4枠 8番 カシュカシュ 11/5 栗坂 55.6 - 40.8 - 26.8 - 13.5 強め
5枠 9番 ラガートモヒーロ 11/5 栗坂 56.6 - 41.6 - 27.5 - 13.8 馬也
5枠 10番 ナムラビクター 11/5 栗坂 55.5 - 40.6 - 27.3 - 14.3 一杯
6枠 11番 サトノプリンシパル 11/5 CW 81.7 - 65.9 - 51.2 - 38.2 - 12.9 仕掛
6枠 12番 ヴォーグトルネード 11/6 CW 68.1 - 52.2 - 37.9 - 12.4 馬也
7枠 13番 グラッツィア 11/5 DP 65.8 - 51.5 - 37.8 - 11.5 仕掛
7枠 14番 インカンテーション 11/5 栗坂 52.4 - 39.0 - 26.2 - 13.5 一杯
8枠 15番 タガノジンガロ 11/5 園田 66.9 - 51.3 - 37.5 - 計不 馬也
8枠 16番 アスカノロマン 11/5 栗坂 57.3 - 41.9 - 26.7 - 13.1 馬也

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:ブライトライン)
夏のエルムS以来の出走。
中間はこのレースに照準を合わせ、入念に乗り込まれている。
先週はCWコースで6F80秒台を一杯に追い切られ、今週は坂路で馬なり調整。
特段速い時計が出されている訳ではないが、鉄板パターンの仕上がりコース。
こういった流れで調教ができていること自体、状態が良い事の現れだろう。


(3枠5番:クリノスターオー)
前走のシリウスS(G3)では、ペースが速くなった時点で、なかなかエンジンが掛からず追い通しのレースだったが、持ち前の勝負根性を発揮して勝利をもぎ取った。
引き続き状態は良いと見られ、今週は坂路で全体51秒台、ラスト1Fも12秒台でまとめてきた。
前に行って自分でレースを作るタイプだけに、京都コースに代るのはプラスに出るだろう。
後は、目標にされるだけに、自分のレースをさせてもらえるかどうかだろう。
状態面からは推したい1頭。


(7枠13番:グラッツィア)
ここ2戦は地方のレースを使われており、久々の中央コース。
中間の乗り込みは入念で、単走で自分のペースだと気分よく時計が出せる馬のようだ。
今週は時計の出やすいDPコースながら5F65秒台、ラスト1F11秒台と鋭い動き。
状態面が良さそうで、後はレースで気分よく行けるかどうかがカギになるだろう。

【予想 京都11R みやこS(G3)】横綱って呼んでもらっていいですか? 先行押切りで振り切ります!

【予想 東京11R アルゼンチン共和国杯(G2)】切れ味断然! 力の違いで直線外から軽やかに。

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿