天皇賞秋(G1)を占っていきたいと思う。

G1戦は騎手たちもなんとしても勝利したいという気持ちが働くから、積極果敢に動く馬も目立つレースに思う。

この天皇賞秋も18頭とフルゲートでテンに速い馬は見当たらないし、どんなレースになるのか、想像力を膨らませながら楽しんで予想していきたいと思う。


------------
■ システマチック予想
------------


まずはどんな展開になるのか、想定してみたいと思う。

逃げそうなのは、カレンブラックヒルだろうか。

前走は牽制し合いながらハナを切ってたけど、どちらにしろ切れ味勝負をしたくない馬だから前に行くだろうと思う。

サトノノブレスやマイネルラクリマも切れ味勝負にはしたくないだろうから、ハナに立つ可能性もあるんじゃないかと考えられる。

どの馬が先頭に立とうが、前半は少し遅めで後半1000m位からペースが徐々に上がるような内容になるんじゃないかと思っている。

ラストの3Fは34~35秒くらい掛かるような流れになると思う。


土曜時点の天気予報だと、日曜日の東京地方の天気は「くもりのち晴れ」となっており、

レースの頃には、馬場状態は「稍重」か「良馬場」になっているのではないかと思う。

良馬場だったら、走破時計は1分58秒を割るくらい、稍重だったら1分58秒台の決着になると思う。


土曜日の最終レースでは、芝の内側を避けるようになっていたから、内側の馬場が結構荒れてきているんだと思う。

だから明日は外からの差しも決まりやすい感じになっているんだと思う。

よって、軸馬にする馬は、切れ味勝負かつ、持久力勝負になっても両方対応できそうな馬が好ましいと思う。



後は、上記観点と【実績】【状態】【馬齢】【好調教】【過去同レース好走】【決め手】というファクターで照らし合せて総合力の高い馬を軸馬にしたいと思う。


照らし合せた結果、

 ・1枠1番:ジェンティルドンナ

がピックアップされてきた。

よって、軸馬はジェンティルドンナに決定!


まさに、切れ味勝負でも良いし、持久力勝負でも両方問題なく対応が可能な馬だと言える。

宝塚記念の時は、馬場に泣いたという風に捉えるのが良いのではないかと思うし、年齢的な衰えではないだろうと思う。


軸馬はジェンティルドンナにしたけど、差のないところでフェノーメノ、イスラボニータ、マーティンボロと続いていた。

同様に上位候補を相手候補にして3連複で馬券を購入しようと思う。

買い目は以下の通り。

(3連複フォーメーション)
1 - 3,5,9,14,15,18 - 3,4,5,8,9,11,12,13,14,15,18 (45通り)


個人的には荒れるんじゃないかな、とも思っているから薄めのところも押さえている。

後は、イスラボニータは8戦して100%連対と強い馬だと思うけど、如何せん今年の3歳馬のレベルがどうかという部分がある。

だから、ジェンティルドンナが軸で良かったように思う。

鞍上も戸崎Jに乗り代わるけど、逆にプラスに出るんじゃないかと思う。


たくさん悩んで出した結果だけに、後はもう運任せ。

楽しみにレースまで待ちたいと思う。

がんばれ! 戸崎&ジェンティル!

【予想 京都11R カシオペアS】やっぱり主役は3歳馬? 上がりの競馬になってもドンと来い!

【調教展望】京都11R カシオペアS

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿