東のメインレースは天皇賞秋(G1)で、最高潮の盛り上がりを見せるだろう。

その前哨戦として、京都の11レース「カシオペアS」もメンバー的には不足はないだろうと思う。

オープンクラスの芝1800m外回りのコース。

見応えのある京都コースだけに、どんなレースになるのか、しっかりと出走馬15頭の調教内容を把握しておこう!


<11月2日(日)カシオペアSの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 マックスドリーム 10/29 栗坂 57.8 - 40.8 - 25.9 - 12.6 馬也
2枠 2番 メダリアビート 10/29 栗坂 56.0 - 40.7 - 26.3 - 12.8 馬也
2枠 3番 アズマシャトル 10/29 CW 80.3 - 65.4 - 51.8 - 39.1 - 12.4 一杯
3枠 4番 マコトブリジャール 10/29 栗坂 58.1 - 42.5 - 27.2 - 13.6 馬也
3枠 5番 セイルラージ 10/29 栗坂 52.8 - 38.4 - 25.1 - 12.8 一杯
4枠 6番 タガノグーフォ 10/29 栗坂 54.0 - 39.7 - 26.1 - 13.4 強め
4枠 7番 ウインフルブルーム 10/29 栗坂 52.9 - 38.6 - 24.7 - 12.2 一杯
5枠 8番 ミキノバンジョー 10/29 DP 81.2 - 66.1 - 52.0 - 37.7 - 11.0 一杯
5枠 9番 マジェスティハーツ 10/29 CW 84.0 - 68.0 - 52.9 - 38.8 - 12.8 強め
6枠 10番 スカイディグニティ 10/29 栗坂 55.0 - 40.0 - 25.7 - 12.7 一杯
6枠 11番 エーシンミズーリ 10/29 CW 85.6 - 68.8 - 53.5 - 38.8 - 12.3 一杯
7枠 12番 トップカミング 10/29 北C 70.5 - 54.9 - 40.0 - 12.5 馬也
7枠 13番 ゲシュタルト 10/30 DP 64.6 - 48.8 - 36.0 - 11.2 一杯
8枠 14番 アドマイヤギャラン 10/29 栗坂 53.5 - 38.7 - 25.0 - 12.2 一杯
8枠 15番 スピリタス 10/29 栗坂 53.8 - 39.3 - 25.2 - 12.3 一杯

【◎ピックアップ!】

(2枠3番:アズマシャトル)
ダービー出走の後は、自己条件に戻ってしっかりと自分の力を出せるようになっている。
中間の調教も2週連続CWコースで追われ、順調のひと言。
今週は6F80秒台、ラスト1Fも一杯に追われ12.4秒と上々の動き。
力を出せる展開になれば、必然的に上位に来るのではないか。


(4枠7番:ウインフルブルーム)
前走の神戸新聞杯は距離が影響したのか、仕上がり状態が一息だったのか。
この中間は坂路で入念に乗り込まれており、叩いた上積みは大きいだろうと受け取れる。
また、今週の動きは坂路コースで全体52秒台、ラスト1Fは12.2秒と鋭い動き。
元々ハナにこだわる馬ではないし、ここは順当に勝ちたいところだろう。


(5枠9番:マジェスティハーツ)
前走の関屋記念から2ヵ月間隔を開けての出走。
中間の調教内容は、特段速い時計を出している訳ではないが、
この馬のペースで調整されており、入念に乗り込まれている。
リフレッシュされた状態で出てこれば、ここでは力上位の1頭だろう。

【予想 東京11R 天皇賞秋(G1)】展開不問! 最強牝馬の復活の舞台はやっぱり府中?

【調教展望】東京11R アルテミスS(G3)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿