マイルチャンピオンシップ(G1)に向けて、短距離戦線からの前哨戦となるのが「スワンステークス(G2)」。

1400mという距離は、快速傾向が強い馬でも勝ててしまう距離だと思うし、

このレースを勝つためには、スピードという要素が絶対不可欠に思える。

ただ、ペース如何では切れ味鋭い馬も追い込むことが出来るコース。

天候は崩れる見込みで、どのような馬場状態でレースが施行されるかは、出走馬の調教共々、要チェックだ!


<11月1日(土)スワンSの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ウイングザムーン 10/29 栗坂 53.9 - 39.3 - 25.9 - 13.0 馬也
2枠 2番 オリービン 10/29 栗坂 52.0 - 38.1 - 24.9 - 12.4 一杯
3枠 3番 サドンストーム 10/29 栗坂 53.1 - 38.3 - 24.6 - 12.3 一杯
4枠 4番 タガノブルグ 10/29 栗坂 53.7 - 39.6 - 26.2 - 13.6 一杯
4枠 5番 フィエロ 10/29 栗坂 52.6 - 38.3 - 24.3 - 12.1 一杯
5枠 6番 ベルカント 10/29 栗坂 53.2 - 38.7 - 25.0 - 12.5 強め
5枠 7番 サダムパテック 10/29 栗坂 52.7 - 38.3 - 25.3 - 12.9 一杯
6枠 8番 シルクフォーチュン 10/29 CW 64.9 - 51.0 - 38.1 - 13.1 一杯
6枠 9番 アフォード 10/29 栗坂 53.5 - 38.2 - 24.3 - 12.3 馬也
7枠 10番 ニンジャ 10/29 栗坂 53.4 - 38.8 - 25.4 - 12.6 一杯
7枠 11番 ミッキーアイル 10/29 栗坂 51.1 - 37.5 - 24.9 - 12.7 強め
8枠 12番 サンライズメジャー 10/29 栗坂 54.7 - 40.0 - 26.0 - 12.7 仕掛
8枠 13番 サクラアドニス 10/29 栗坂 52.1 - 38.6 - 26.1 - 13.8 一杯

【◎ピックアップ!】

(2枠2番:オリービン)
1年前とは馬がまったくと言っていい程変わっている。
調教をあまり動けなかった馬が、今では速い時計を出せるまでになっている。
夏場はずっと使い詰めで来ているが、前走も快勝しているように、調子は良さそうだ。
今週の調教は、坂路で全体52秒台、ラスト1F12.4秒と鋭い動きを披露した。
後は、このメンバー相手に力が通用するかどうかだろう。


(4枠5番:フィエロ)
安田記念以来の出走となるが、中間の乗り込み量は十分で、時計も動きも申し分なし。
今週は、福永Jを背に坂路で全体52秒台、ラスト1F12.1秒。
切れのある動きを見せつけ、初戦から力を発揮できる態勢は整ったとみる。
馬場が渋っても、3走前の六甲Sでは1頭だけ抜群に伸びていたし、この馬にとってはプラスになるだろう。
このメンバー構成なら、ポテンシャルは上位だろうとみる。


(6枠9番:アフォード)
レースを重ねるに連れて、少しずつ強くなっているような印象を受ける馬。
そして、調教はいつも抜群に動く馬。
今回も違わぬ良い動きを見せているだけに、状態面は良好なのだろう。
速い時計の決着は得意な馬ではないだろうから、馬場が少しでも渋ればチャンスも増すことだろう。

【予想 京都11R スワンS(G2)】3歳馬の未知なる成長力、ここでも通用するか?

【調教展望】東京11R 天皇賞秋(G1)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿