土曜日の京都のメインレースは「室町ステークス」。

オープンクラスのダート1200mハンデ戦。

16頭が出走予定で、注目の3連勝中エイシンゴージャスも出走してくる。

京都コースは展開をキッチリと読み切らないと馬券的中は難しいコースだけに、しっかりとまずは状態面から把握していこう!


<10月25日(土)室町Sの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ナガラオリオン 10/22 CW 65.9 - 51.1 - 37.4 - 12.5 一杯
1枠 2番 エイシンゴージャス 10/22 栗坂 52.0 - 38.7 - 25.3 - 12.9 馬也
2枠 3番 マルカバッケン 10/22 栗坂 56.6 - 41.0 - 26.4 - 12.8 仕掛
2枠 4番 エーシントップ 10/22 栗坂 53.3 - 38.5 - 25.2 - 12.8 一杯
3枠 5番 アースソニック 10/22 栗坂 53.5 - 38.7 - 25.3 - 12.8 一杯
3枠 6番 ニシケンモノノフ 10/24 栗坂 57.5 - 40.8 - 26.6 - 12.9 馬也
4枠 7番 タイセイファントム 10/22 栗坂 54.5 - 39.1 - 25.1 - 12.6 一杯
4枠 8番 スリーボストン 10/22 栗坂 54.9 - 39.6 - 25.7 - 13.1 一杯
5枠 9番 ダッシャーワン 10/22 栗坂 52.3 - 38.3 - 25.1 - 12.7 一杯
5枠 10番 サウンドリアーナ 10/22 栗坂 54.4 - 40.0 - 25.9 - 12.6 馬也
6枠 11番 キズマ 10/22 栗坂 54.1 - 38.5 - 24.6 - 12.2 強め
6枠 12番 メイショウノーベル 10/22 CW 83.5 - 67.1 - 52.0 - 37.8 - 12.2 一杯
7枠 13番 ケビンドゥ 10/22 南W 68.2 - 52.0 - 38.5 - 12.9 馬也
7枠 14番 ドレッドノート 10/22 栗坂 54.1 - 39.5 - 26.0 - 13.0 一杯
8枠 15番 サマリーズ 10/22 DP 64.6 - 50.0 - 36.6 - 11.6 一杯
8枠 16番 トーホウチェイサー 10/22 栗坂 52.1 - 38.3 - 25.3 - 12.9 一杯

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:ナガラオリオン)
前走の南部杯(G1)は休養明けで、しかも得意とは言えないマイル戦。
2戦目となる今回は、中1週ながらみっちりと追われてきた。
CWコースで5Fを65秒台、ラスト1Fを一杯に12.5秒を計時。
これだけやれていること自体、2走目の上積みがある証拠だろう。
実績のある馬だけに、後は展開がどうかだろう。


(1枠2番:エイシンゴージャス)
適度な間隔を開けられながら、結果を出してきている。
今回も2ヵ月間隔が開いているが、馬の状態を見てのものか。
中間の調教はしっかりと乗り込まれており、先週はCWコースで好時計。
今週は坂路コースで全体52.0秒、ラスト1Fは馬なりで12.9秒と上々の仕上がり。
後は、オープンクラスで力がどれだけ通用するかだろう。

【調教展望】福島11R フルーツラインカップ

【予想 東京11R 富士S(G3)】人気・実績ともに上位のこの2頭が着順も上位に来るはずだ!

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿