土曜日の東京の11Rはマイルの重賞「富士ステークス(G3)」。

G1を取れるだけの力を持っているかと言われれば疑問符が付くメンバー構成だけど、チャンスがない訳ではない。

この東京の快速馬場での決着は、マイルチャンピオンシップの舞台に繋がる部分もあるだろう。

力のある3歳馬の参戦も見物で、どれくらい力が通用するのかは楽しみなところ。

しっかりと予想をして、混戦レースをものにできればと思う。


------------
■ システマチック予想
------------


まずは展開を予想していこう。

出走メンバーの近走で逃げている馬はほとんどいないね。

今までのレース内容から、1枠1番トーセンレーヴ、3枠5番クラリティシチー、5枠10番メイショウヤタロウあたりが逃げるのかなぁと言った感じ。

まだまだ走りやすい馬場状態だろうから、ペースは遅くならないだろうけど、ビュンビュン飛ばしていく馬達ではないからハイペースにもならないだろうと思う。


先週のレース結果を見ていても、時計は出やすい馬場だろうし、このレースも上がり勝負になってもある程度の時計は出るのではないかと思う。

ん~、走破時計は1分33秒前後になるだろうと思う。

多少上がりの速い勝負になるだろうとも思う。

軸馬には先行して息の長い脚を使える馬か、差し馬でラスト3F33秒台の鋭い脚を持っている馬が中心になってくるだろうと思う。

この観点に加えて、【実績】【状態】【好調教】【過去同レース好走】【馬齢】というファクターを加味すると、

・2枠4番:ロサギガンティア
・7枠14番:ダノンシャーク
・8枠16番:ステファノス

の3頭がピックアップされてきた。

後は、東京コースの実績があり、東京で鋭い脚を使っている実績があるから、

・2枠4番:ロサギガンティア
・7枠14番:ダノンシャーク


の2頭を軸に馬券は3連複で購入しようと思う。

買い目は以下の通り

(3連複フォーメーション)
4,14 - 2,4,14,16 - 2,5,9,11,12,13,15,16 (34通り)


半数以上が100倍を切るオッズで、人気どころの組み合わせが多い買い方だけど、

結果的には力上位、人気上位の結果になるだろうという予想。

こういった拮抗したレースは馬券を的中させることが難しいし、買い方もまた難しい。


ロサギガンティアは良いスタートで、中団でレースを運んで欲しいもの。

今の馬場状態を加味したら、展開が速くならないと思われるため、位置取りはある程度つけて欲しいね。

ダノンシャークは、東京コースは7戦して掲示板を外していないことが魅力。

好きなコースなのだろう。


上記2頭にはキッチリと力を出し切って欲しいと思う。

楽しみにして待ちたいレースだ!

【調教展望】京都11R 室町S

【調教展望】東京11R 富士S(G3)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿