日曜日の京都のメインレースは「オパールS」

オープンクラスの芝1200m別定戦。

台風の影響で馬場状態がどうなるか不明なところがあるけど、実力が拮抗したメンバーが揃った。

一気に押し切れるほど、調子の良さそうな馬がいないか、まずは状態面を把握していこう!


<10月12日(日)オパールSの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 エイシンブルズアイ 10/9 栗坂 53.2 - 38.5 - 24.5 - 12.1 馬也
1枠 2番 アルマリンピア 10/9 栗坂 52.8 - 38.7 - 25.2 - 12.7 一杯
2枠 3番 ヘニーハウンド 10/9 栗坂 52.8 - 38.0 - 24.5 - 12.4 仕掛
2枠 4番 ウイングザムーン 10/9 栗坂 56.3 - 39.4 - 25.6 - 12.8 馬也
3枠 5番 キョウワマグナム 10/9 栗坂 51.8 - 38.2 - 25.4 - 13.3 一杯
3枠 6番 アイラブリリ 10/9 栗坂 55.9 - 39.7 - 24.6 - 12.0 馬也
4枠 7番 エーシントップ 10/9 栗坂 51.2 - 37.3 - 24.4 - 12.4 仕掛
4枠 8番 ニンジャ 10/9 栗坂 51.8 - 37.5 - 24.7 - 12.5 一杯
5枠 9番 メイショウイザヨイ 10/9 栗坂 52.8 - 38.3 - 25.3 - 12.9 一杯
5枠 10番 サドンストーム 10/9 栗坂 51.4 - 37.5 - 24.6 - 12.5 一杯
6枠 11番 ルナフォンターナ 10/9 CW 68.7 - 53.7 - 39.6 - 12.8 馬也
6枠 12番 メイショウデイム 10/9 栗坂 55.8 - 40.3 - 26.1 - 12.7 馬也
7枠 13番 メモリアルイヤー 10/9 栗坂 53.6 - 38.7 - 25.1 - 12.5 一杯
7枠 14番 フギン 10/9 栗坂 52.3 - 37.5 - 24.6 - 12.4 一杯
8枠 15番 ワキノブレイブ 10/8 CW 83.3 - 66.5 - 51.7 - 38.3 - 11.9 馬也
8枠 16番 ガンジス 10/10 栗坂 55.2 - 39.4 - 25.0 - 12.3 馬也

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:エイシンブルズアイ)
休養明けの前走、キーランドC(G3)でも差のない競馬をしており、だいぶ仕上がりは良かったようだ。
あまり2走目の上積みは期待できないかも知れないが、今週の坂路での追い切りは非常に軽快な動きを見せた。
ラスト1Fを馬なりで12.1秒と文句なしの動き。
引き続き、好状態でレースに挑めそうな雰囲気だ。


(2枠3番:ヘニーハウンド)
夏場を休ませて、秋まで充電した格好になったが、中間の調教内容は申し分なし。
週を追うごとに時計を詰めており、今週は坂路コースで、全体52秒台、ラスト1F12.4秒と鋭い動き。
近走は成績が伴っていないが、調教の良さをレースで活かせるようであれば、要注目だ。
リフレッシュ効果を期待したいところだろう。


(4枠7番:エーシントップ)
休養明けの前走、セントウルSでは力を出し切れなかったか、15着と大敗。
今回は2走目となるが、調教の動きは申し分ない。
3週連続坂路で好時計を出しており、状態は一変していそうな雰囲気。
斤量は58キロと背負っているが、それ以上に状態が良さそうだ。


(4枠8番:ニンジャ)
夏場も休みなく使われているが、中間の追い切りを見る限り状態は引き続き良さそうだ。
今週の追い切りでは坂路で全体51秒台、ラスト1F12.5秒としっかりと動いている。
前走の北九州記念は前に行った馬で決着したレースだけに、今回は見直しをすべきだろう。


(5枠10番:サドンストーム)
前走8月に1度使われて、このレースに照準を合わせた感じだろうか。
調教内容は尻上がりに時計が速くなっており、今週は坂路で全体51秒台を計時。
ラスト1Fも12.5秒としっかしとした脚。
2走目の上積みに期待したい1頭。


(7枠14番:フギン)
只今4連勝中と絶好調売り出し中!
前走で1600万クラスを勝ち上がり、オープン入りを果たしての昇級戦。
中間も坂路で3週連続で好時計を出している。
ずっと使われ続けているが、調子落ちということは感じられない。
後は力がこのクラスに入って通用するかどうかだろう。

【調教展望】10月12日(日)東京10R テレビ静岡賞

【予想 東京11R 毎日王冠(G2)】展開予想困難も、2頭の実力馬が混戦を断ち切る!

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿