10月の東京、京都開催はいきなり3日間開催と豪華絢爛。

3日目の京都開催は『京都大賞典(G2)』が控えている。

例年、G1馬のステップレースになることも多いレースであるが、2014年もトーセンラー、メイショウマンボなどのG1馬が登録しており盛り上がりそうだ。


そんな楽しみなメンバーが登録している京都大賞典の過去の勝馬データを見て2014年の参考にしていこうと思う。

Let's go!


※京都大賞典(G2)・・・芝2400m戦
***************************************************
<データ算出条件>
・過去10年の京都大賞典(G2)の勝馬データ
***************************************************

【過去10年の勝ち時計とペース】
開催年 勝馬 タイム 馬場 前半3F 後半3F ペース
2004年 ナリタセンチュリー 2分25秒2 35.8秒 34.3秒 S(スロー)
2005年 リンカーン 2分25秒4 37.1秒 34.2秒 S(スロー)
2006年 スイープトウショウ 2分31秒5 36.6秒 33.3秒 S(スロー)
2007年 インティライミ 2分24秒8 36.3秒 34.0秒 S(スロー)
2008年 トーホウアラン 2分26秒9 35.3秒 34.5秒 S(スロー)
2009年 オウケンブルースリ 2分24秒3 34.6秒 37.1秒 H(ハイ)
2010年 メイショウベルーガ 2分25秒0 34.1秒 36.8秒 H(ハイ)
2011年 ローズキングダム 2分24秒1 35.6秒 33.8秒 M(平均)
2012年 メイショウカンパク 2分23秒4 34.8秒 35.3秒 H(ハイ)
2013年 ヒットザターゲット 2分22秒9 36.1秒 34.9秒 M(平均)

2013年のように極端に時計が速い年があったり、2006年のように極端に時計が遅いレースがあったりするのが分かる。
やはりカギになるのは展開だろう。
登録馬を見る限り、2014年はこれといった逃げ馬は見当たらないような・・・。


【性別】
・牡馬 8頭
・牝馬 2頭


牝馬は2010年のメイショウベルーガ、2005年のスイープトウショウの2頭。
2頭とも切れ味鋭い印象のある馬。
出走頭数の割合から考えれば、牝馬を割り引く必要はなさそうだ。


【年齢】
・4歳 2頭
・5歳 8頭

年齢面は顕著な結果が出ている。
2014年は上記データに逆らわず4、5歳馬の調子の良さそうな馬を狙ってみたい。


【人気】
・1番人気 2頭
・2番人気 3頭
・3番人気 1頭
・4番人気 1頭
・5番人気以降 3頭

人気はバラバラ。
荒れるときは荒れているし、硬く収まるときは硬く収まっている。
1番人気は2頭だけと、勝ち切る力がないと京都の直線は伸びきれない面があるのだろう。


【前走からの間隔】
中2週 1頭
中4週 2頭
中6週 1頭
中8週以上 6頭

中6週以下の夏場を使われた馬から4頭も勝馬が出ており、夏場を1度使った馬、夏場に力を付けてきた上がり馬も通用する可能性はある。
半数以上が休養明けの馬たちになるが、やはり注目すべきは状態面だろう。


【前走の着順】
1着 2頭
2着 1頭
4着以降 7頭

勝馬全頭、前走はG3以上のレースを使っている。
やはり条件クラスからの昇級では、さすがに難しい面があるのだろう。
前走の着順は特に気にせず、仕上がり状態に着目して予想を組み立てる方が良さそうだ。


【前走の距離】
2000m 3頭
2200m 5頭
3000m 1頭
3200m 1頭

前走使っていた距離は、勝馬全頭が2000m以上。
2014年の1番人気が想定されるトーセンラーの前走は安田記念の1600m。
果たしてこの結果がどう出るか、気になるところだ。


【枠順】
・1枠 0頭
・2枠 3頭
・3枠 0頭
・4枠 0頭
・5枠 2頭
・6枠 1頭
・7枠 3頭
・8枠 1頭

5枠から外枠に偏りが見られる。
ただ、2枠からも3頭勝馬が出ているように、そこまで神経質になる必要はないのではないかと思う。
1枠、3枠、4枠から勝馬が出ていないのは、単なる偶然なのだろうか。。



以上、京都大賞典(G2)の過去10年の勝馬データを掲載してみた。

本命馬が強いレースなのかなって思っていたけど、意外とそうではないなぁという認識に変わった。

展開と状態がカギになることに変わりないし、独特な京都コースなだけに、力のある馬が能力を100%発揮できるとは限らない。

そのことをしっかりと頭に入れてから予想に取り組みたいと思う。


みんなで的中できればHAPPYだ!

【プレイバック:2008年 毎日王冠(G2)】2014年、最強の切れ味を見せるのはどの馬?

【データ】過去10年の勝馬データから、毎日王冠(G2)を占う

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿






trackback iconトラックバック 数 1

Trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【データ】過去10年の勝馬データから、京都大賞典(G2)を占う | 毎週、万 ...

10月の東京、京都開催はいきなり3日間開催と豪華絢爛。 3日目の京都開催は『京都大賞典(G2)』が控えている。 例年、G1馬のステップレースになることも多いレースであるが、2014年もトーセンラー、メ…

trackback avater今週の重賞情報速報 - umapi[ウマピ]~競馬予想~

2014-10-11 06:56