土曜日の阪神競馬のメインレースは「オークランドレーシンククラブトロフィー」。

1600万クラスのダート1800m定量戦。

力の拮抗したメンバーが15頭集結し、予想にも力が入りそうになる。

まずは、体調が良さそうな馬を優先的に見つけ出し、馬券に繋げていきたいところ。

しっかりと調教内容を見ていこう!


<9月20日(土)オークランドRCTの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 クラージュドール 9/17 CW 83.0 - 67.8 - 53.4 - 39.1 - 12.1 一杯
2枠 2番 カシュカシュ 9/17 栗坂 53.4 - 39.9 - 26.8 - 13.8 一杯
2枠 3番 ランドマーキュリー 9/17 栗B 82.3 - 66.2 - 51.7 - 38.8 - 12.3 強め
3枠 4番 キタサンシンガー 9/17 栗坂 53.2 - 38.4 - 25.0 - 12.3 馬也
3枠 5番 マイネルクロップ 9/17 CW 83.0 - 66.1 - 51.9 - 38.5 - 12.6 一杯
4枠 6番 ブルーチッパー 9/17 DP - - 54.5 - 39.1 - 11.4 馬也
4枠 7番 サイモンガーランド 9/17 栗坂 54.5 - 39.8 - 26.4 - 13.3 馬也
5枠 8番 オーヴァージョイド 9/17 栗坂 52.4 - 38.1 - 25.1 - 12.6 一杯
5枠 9番 バンブーリバプール 9/17 DP 77.5 - 62.0 - 48.1 - 35.7 - 12.3 馬也
6枠 10番 ノボリドリーム 9/17 栗坂 55.2 - 39.6 - 25.5 - 12.8 一杯
6枠 11番 サクラブライアンス 9/17 CW 85.9 - 70.0 - 55.3 - 41.4 - 13.8 一杯
7枠 12番 テイエムゲッタドン 9/17 栗坂 52.4 - 38.1 - 24.8 - 12.7 強め
7枠 13番 ライジングサン 9/17 栗坂 53.3 - 39.0 - 25.7 - 13.0 一杯
8枠 14番 コウユーヒーロー 9/17 CW 82.7 - 67.9 - 53.9 - 40.1 - 12.8 一杯
8枠 15番 ゴールデンヒーロー 9/17 栗坂 53.8 - 38.6 - 24.8 - 12.5 強め

【◎ピックアップ!】

(3枠4番:キタサンシンガー)
小倉で2走ダート戦を叩かれたが、イマイチ能力を出し切れていない感じ。
叩き3走目となる今回は、調教がバッチリ動けており、上積みが見込める状態か。
今週の追い切りは坂路で全体53秒台、ラスト1F12.3秒を馬なりで計時。
涼しくなってきて動ける態勢が整ってきたと見るのが妥当だろう。
状態面から推したい1頭。


(4枠6番:ブルーチッパー)
前走の休養明けでも快勝して見せ、存在感をアピールした。
馬体面では仕上がりつつあったと思うが、2走目となる今回は、
引き続き良い状態のまま出走が叶いそうだ。
今週の調教ではDPコースで終い重点の追い切り。
中間の乗り込み内容から既に今週は仕上がっていたものと思われるが、
ラストの伸びは馬なりで11秒台と文句なし。
後は、昇級戦での力関係がどうかだけだろう。


(5枠8番:オーヴァージョイド)
近走は芝のレースを使われているが、過去にはダートでも走っていた馬。
叩き2走目となる今回は、2週連続坂路で一杯に追われて好タイムを出している。
多少動きに重さを感じるような内容だが、この調教内容であれば絞れてレースには出走してくるのではないか。
今週の動きは坂路で全体52秒台、ラスト1F12.6秒と上々。
一変があってもおかしくはない。


(8枠15番:ゴールデンヒーロー)
使い詰めで来ているが、近走の成績は安定している。
調教の動きも良く、好調を維持していると判断していいだろう。
今週は坂路で全体53秒台、ラスト1F12.5秒を仕掛けられて計時。
前走は不良馬場であったが、速い時計で快勝しており、昇級戦ながら通用しそうな感じを醸し出している。
注目して見てみたい1頭だ。

【調教展望】9月20日(土)新潟11R ラジオ日本賞

【次走動向】有力馬の次走予定(2014/09/17時点)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿