昨日の新潟では、瞬間的な大雨で、芝が一気に良から重へと2段階変更があった。

2段階の変更ってことは相当降ったんだろうと思う。

昨年くらいから局所的に雨がドーっと降る感じで、このまま地球がおかしくなっちゃうんじゃないかなって思う。

地球がなくなるくらいなら、好きなことやって人生を終えたい。

なんて思いながら、日曜日の新潟のメインレースの「京成杯(G3)」を予想していこう。

------------
■ システマチック予想
------------


まずは展開面から。

「どの馬が逃げそうだろうね~?」

「ん~、いない!」

ということでスローペース確定!

なんて思いたいところだけど、もうちょっと深読みもしてみよう。

こういった逃げ馬不在のレースに限って、大逃げしたりする馬がいるんだよね・・・


ん? いたかも。

4枠8番のアーデントあたり、軽量だしここぞとばかりの予感がする。

鞍上は松岡だし、まさに一発やってやろうか的な匂いがプンプン。

ということで、アーデントが逃げる展開でこのレースを予想してみよう。


ただ、この馬は引き離して逃げるかも知れないけど、後続は自分たちのペースを守ってレースをするメンバーが多いと思う。

ということで、全体を含めて平均ペースになると想定をしようと思う。

走破時計は、午前中のレースの時計を見る限り、1分33秒前後くらいの決着になるだろうと思う。


後続は脚を溜める競馬をするだろうから、上がり3Fは33秒台での決着となることを想定しておくべきかな。

先行勢なら3F34秒前半を繰り出せる馬を押さえておきたい。

後は、ハンデ戦ということもあり、上り勝負となった時の1キロというのは、ハイペースの時の1キロとは全然意味合いが変わってくる。

その点も加味して軸馬を選び出したいと思う。

 ・1枠1番:エキストラエンド
 ・1枠2番:キングズオブザサン
 ・2枠3番:クラレント
 ・2枠4番:サトノギャラント
 ・3枠5番:サダムパテック
 ・5枠9番:タガノブルグ
 ・6枠11番:ショウナンアチーヴ
 ・6枠12番:エクセラントカーヴ
 ・8枠15番:ウイングドウィール

上記がまずは第一段階で残る予想。

ここからは、【ハンデ】と【馬齢】と【調教】のファクターと位置取りの兼ね合いについて見て、さらに絞り込もうと思う。

 ・1枠1番:エキストラエンド
 ・1枠2番:キングズオブザサン
 ・2枠3番:クラレント
 ・2枠4番:サトノギャラント
 ・3枠5番:サダムパテック
 ・6枠12番:エクセラントカーヴ
 ・8枠15番:ウイングドウィール

3歳馬2頭の調整過程がイマイチかなってところがあっただけで、結構まだ残っている。

後は、コース相性と新潟1600m(稍重)で相性のいい種牡馬で選び出したいと思う。

となると、相性のいい種牡馬は、上位だとシンボリクリスエス、ダンスインザダーク、ディープインパクトとなる。

該当する馬は上記だと

 ・1枠1番:エキストラエンド
 ・2枠3番:クラレント
 ・2枠4番:サトノギャラント
 ・8枠15番:ウイングドウィール

の4頭になるんだけど、後は、コース相性とハンデ面から

 ・2枠4番:サトノギャラント
 ・8枠15番:ウイングドウィール

の2頭を軸に馬券を購入したいと思う。

シンボリクリスエス産駒というコンビにもなるし、

脚質も先行と差しというコンビでどちらかが相殺してくれるのではないかと感じている。


馬券は3連複で以下の買い目で購入したいと思う。

(3連複フォーメーション)
4,15 - 1,2,3,4,15 - 1,2,3,5,9,11,12 (37通り)


点数はこんなものか。

オッズも割れてるし、後は組み合わせ次第ってところかな。

非常に難解なレースだと思うし、的中できたら何より自信がつくレースでもある。

こういったレースは予想に時間が掛かるけど、馬券が的中したらなんとも言えない救われた感がある。


G1レースも簡単なレースってのはないし、

結局は日頃の積み重ねなんだと思う。

1つ1つ的中できるように予想を積み重ねていこう!


がんばれ! ギャラント!、ウィール!

競馬初心者でも、荒れそうなレースを簡単に見分ける3つの条件とは?

【予想 阪神11R セントウルS(G2)】ハイーペースの時計勝負! 昨年、1昨年の覇者が黙っちゃいない!

comment iconコメント 数 2

こんばんわ!

私は◎ウイングドウィールで撃沈しました(ToT)
ただ1頭最内を突いたサトノは一瞬突き抜けるかと思いましたが
馬場が悪かったんですかね?

名前: あぽろん [Edit] 2014-09-15 01:00

Re: タイトルなし

あぽろんさん

ありがとうございます。
サトノギャラントはうまく中に進路を見出せないと判断して
馬場が悪いのを承知であの進路を選択したのだと思います。

全頭が走破時計から1秒以内で走っていて
とても難しいレースだったように思います。

ウイングドウィールはもっと前に位置づけていたら
馬券圏内も十分にあったように思いますね。
位置取りについては非常に残念だったように思います。

しっかり復習して来週のセントライト記念に活かしたいと思います。

名前: システマ [Edit] 2014-09-15 13:20

コメントの投稿