前回の[Part1]の記事では、意気込みというか動機という点について書いたので、具体的な内容について言及はしませんでした。

([Part1]の記事をまだ読んでいない人は読んでみてください。)
これで本命馬券も穴馬券も逃さない! 5つのステップで答えを導き出す競馬予想の仕方[Part1]


読み進めていただく前にお断り事項が2つ。

・あくまで私個人の予想方法・ノウハウであるということ
・この予想方法・ノウハウを使って予想して馬券が外れても私は責任等、一切負いません


ということを前提に読み進めてください。

まぁ、読み進めて貰えれば分かると思いますが、騙そうとしている訳でもないし、決め打ちで物事を言っている訳でもありません。

それでは、Let' go!


1stステップ:展開を予想する


展開予想

出馬表を見た後は、いきなりオッズや調教欄や陣営のコメントなどを見るのではなく、いちばん最初にやって欲しいこと。

『展開を予想する(どの馬がハナを切りそうか)』

ってことを想定していただきたい。

ここをすっ飛ばしてしまっている人が非常に多い様に思います。


あまり競馬経験がない人だと、

「どの馬が逃げそうで、どの馬が追い込み馬になるのか、全然分からない・・・(-_-;)」

なんて声も聞こえてきそうですが、それは当たり前の事です。

ですが、ここをサボって前に進んじゃいけません。


なぜなら事前の予想の段階で、本番と同じような展開イメージができるようになれば、それだけ的中する確率が上がるのですから。


そう考えると、新馬戦や未勝利戦、キャリアの浅い馬たちが多く出走しているレースは最初の段階では避けた方が無難です。

キャリアの浅い馬たちのレースは、誰が逃げるか分かり辛いし、どんな展開になるのかなんて想定がつきにくいですから・・・(・。・;


となると、必然的にある程度キャリアを持っている馬が出走する、9R~11Rあたりの「特別戦」なんかがお勧めレースです。

芝のレース、ダートのレースのどちらのレースでもそこは特に問いません。


以上、出馬表を見たら、全出走馬の脚質を見てどの馬がが逃げそうなのかを予想することが大切です。

逃げ馬の予想ができたら次のステップへ!


2ndステップ:ペースを推定する


逃げ馬の想定ができたら、次にすることが、

『どれくらいのペースになりそうか推測する』

っていうことです。


「ハイペースになりそう」なのか、「平均ペースになりそう」なのか、「スローペースになりそう」なのかを想定してみましょう。

完璧を求めず、ざっくりとで良いから、たくさん経験を積んでいきましょう。

失敗することは最初から諦めて、経験を積んでいけば精度が上がっていくと信じてやっていきましょう(^^)。


ペースを推定するにあたり、「ハイペース」、「平均ペース」、「スローペース」をどうやって判断するのか?

という疑問があるかも知れません。

以下にペースについて参考となる記事があるので、ご参考までに読んで頂ければと思います。

《ペースに関する参考になる記事》
『これで万馬券に1歩近づいた! 競馬予想のペース判断指標、「RPCI」って知ってますか?』


ここまでの流れは、出馬表を見たら、

・どの馬が逃げそうなのかを想定する
・ペースがどれくらいになりそうなのか想定する

これができたら次のステップへGO!


3rdステップ:走破時計を想定する




ペースの想定ができたら、次は

『走破時計を想定する』

ことをしてみましょう。


「このレースは、オープンクラスのダートの1800mで、ハイペースになりそうだから、走破時計は1分50秒くらいかな。」

って感じの推定です。


ここの精度をどれだけ高められるかが勝負だと言ってもいいです。

走破時計を算出するに当たって、安易に「これくらいの走破時計でいいかなぁ~」なんて適当なことをやっていると、競馬の神様からしっぺ返しを喰らうことになるので真剣にやった方がいいです(^^;)。

走破時計を想定する為に、芝のレースであればまず1週間前の競馬の結果を参考にしてみましょう。

ダートレースの場合は芝と違って傷んだりしないから、過去のレースの走破タイムというのが参考になります。

走破時計を想定する際に必要な考え方は、

・ハイペースの場合は、速いタイムが出やすくなる。
・平均ペースの場合は、平均勝ちタイムと同じくらいのタイムになりやすい。
・スローペースの場合は、遅いタイムになることが多い。


ということで概ね大丈夫です。

芝のレースは開幕直後の時と開催終了間際の時とでは芝の状態が異なるのでまったく走破時計が異なってきます。

競馬経験が浅い人にとっては、ダート戦の方が走破時計を想定しやすいと思います。

逃げ馬が決まっていて、どんなペースになりやすいかが分かりやすいレースだったらスムーズにいくと思います。


ここまでの3つのステップ

 ①『展開を予想する(どの馬がハナを切りそうか)』
 ②『どれくらいのペースになりそうか推測する』
 ③『走破時計を想定する』


いかがでしょうか。

ちゃんと走破時計を想定するまで問題なく辿りつけそうでしょうか?


続きをいきましょう。

4thステップ:走破時計内で走れる馬を決定していく


想定した走破時計が決まれば、後は出走馬を1頭ずつ見ていきます。

まずは足切り作業で、

『走破時計内で走れる馬を決定していく』

という作業です。

出走馬の過去のレースの走破タイムと内容から、

「この馬は、この走破時計では走れないだろう」

っていう馬が出てくると思います。

そういった馬を切っていくための足切り作業です。

人気がある馬だろうが、人気のない馬だろうが、走破時計内で走ることができないと判断したら、ドンドン切り落としてしまいましょう。


となると、残った馬たちは想定した「走破時計内で走れる馬たち」ということになり、最初の絞り込みが作業ができたことになります。

こうやって絞ることによって、購入点数を減らしていきましょう。


(↓続き[Part3]をどうぞ↓)
これで本命馬券も穴馬券も逃さない! 5つのステップで答えを導き出す競馬予想の仕方[Part3]

【調教展望】9月13日(土)阪神11R エニフS

【お宝】阪神競馬でお宝馬券をゲット! 複勝率50%以上の種牡馬を狙ってプラス収支に!

comment iconコメント 数 4

システマさん、こんばんわ。

私の場合は、展開やペースはある程度考えるのですが
走破時計はあまり気にしていませんでした…

とはいえ、開催前半の芝や
ダートの良馬場以外なら時計持ってる馬の方が断然有利ですから
そこは十分意識しているのですが、
それ以外の場合は、当日直前になってみないと馬場状態もコロコロ変化するので
深くは考えていませんでした。

あぁ~、それで自分にしっぺ返しが多いのかもしれません( iдi )

いや~参考になるいいブログですので、自分のブログにリンクを貼らせて頂きます。
文章も読みやすいですし、これからも勉強させて頂きます!

名前: あぽろん [Edit] 2014-09-12 01:44

すごく勉強になります!
システマさんの記事を見てるとやっぱり自分は素人だなーって思います(;・ω・)

名前: さときんぐ [Edit] 2014-09-12 15:43

Re: タイトルなし

あぽろんさん

コメントありがとうございます。

私も毎週、競馬の神様からしっぺ返しを喰らってますよ(^^;
競馬って難しいなって痛感してます。

毎週、週末が楽しくなるようにお互い精度上げて頑張っていきましょう!

私の方もリンク貼らせていただきました。

これからもよろしくお願いします。

名前: システマ [Edit] 2014-09-12 20:38

Re: タイトルなし

さときんぐさん

コメントありがとうございます。

私もまだまだ素人の域ですよ。
お互い切磋琢磨して精度上げていきましょう!

これからもよろしくお願いします。

名前: システマ [Edit] 2014-09-12 20:39

コメントの投稿