今週から秋競馬が開幕するということで夏の競馬をお休みしていた人たちもG1シーズンへ向けてエンジンを掛け始めるかも知れない。

そんな人たちに負けじと秋競馬開幕に合わせて馬券も軌道に乗せたいところ。

そして、今週から東は夏競馬に引き続き新潟競馬場、西は阪神競馬場に舞台を移して開催される。

阪神競馬場は芝が青々と生えそろっていて、きっと開幕週は速い時計決着になるんだろうと思う。

直線には坂があり、仕掛けどころが難しいコースでもあると思うし、ジョッキーたちも慣れるまで少し時間を要するようにも思える。

よって、過去の種牡馬データから、阪神コースで活躍している種牡馬のデータをピックアップして、

開幕週からお宝馬券をゲットしていけたらと思っている。


そんなお宝情報をシェアしたいと思うし、みんなプラス収支になるようにで開幕週を迎えたいところだよね。


---------------------------
■ 阪神コースで複勝率(3着以内)の高い種牡馬データ
 (※出走回数は10回以上の種牡馬が対象)
---------------------------


データは2011年から2014年9月までの「芝」、「ダート」の距離別『複勝率』の高い種牡馬をピックアップ!!

以下のお宝データを参照されたし!!


【芝コースで複勝率の高い種牡馬】
[1200m]アドマイヤムーン(複勝率:50.0%)
[1600m]チチカステナンゴ(複勝率:50.0%)
[1800m]ローエングリン(複勝率:50.0%)
[2400m]ハーツクライ(複勝率:51.4%)


【ダートコースで複勝率の高い種牡馬】
[1800m]シーキングザダイヤ(複勝率:56.3%)
[2000m]アグネスデジタル(複勝率:50.0%)



リーディングサイアーとしてはディープインパクトが目立っていて、総合的に見ればとてもすごい種牡馬。

だけど条件が変われば、ディープインパクトよりもその条件だと得意な馬がいる、ということだ。

美味しい部分だけをピックアップしているのだから、上記のデータを知っておくとそれだけで得した気分になりませんか?


こうやって記事を書いている私システマも上記の条件に当てはまる馬の複勝を毎レース500円ずつ買ってみようと思う。

普通に考えれば複勝率が50%を超えているということは、2回に1回は的中するという試算になる。

結果的にプラスになるのか、マイナスになるのか、検証をしてみたい。

もしプラスになれば、これはもう完全に不労所得の境地。


秋競馬を迎えるにあたり、楽しみを自分で1つ作ることができて、気持ちがいい(^^)/。

週末が待ち遠しいね。

これで本命馬券も穴馬券も逃さない! 5つのステップで答えを導き出す競馬予想の仕方[Part2]

これで本命馬券も穴馬券も逃さない! 5つのステップで答えを導き出す競馬予想の仕方[Part1]

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿