今週は新潟と共に小倉は重賞戦となっている。

芝1200mの2歳戦。

調子の良さそうな18頭が参戦とこれまた難解そうなレース。

状態の良さそうな馬を見極めてしっかりと馬券的中に結び付けたいところだ。


<9月7日(日)小倉2歳Sの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 メイショウマサカゼ 9/3 CW 82.6 - 66.0 - 51.3 - 38.2 - 12.7 強め
1枠 2番 クリノヤクマン 連闘の為中間軽め
2枠 3番 リッパーザウィン 9/3 栗坂 52.4 - 37.5 - 24.4 - 12.5 一杯
2枠 4番 ゼンノイザナギ 9/3 栗坂 53.3 - 38.8 - 25.3 - 12.8 強め
3枠 5番 ダンツメガヒット 9/3 CW - - 53.9 - 39.3 - 12.5 一杯
3枠 6番 ロットリー 連闘の為中間軽め
4枠 7番 タムロダイチ 9/3 栗坂 53.1 - 38.7 - 24.8 - 12.3 一杯
4枠 8番 オーミアリス 9/3 CW 67.2 - 52.3 - 38.0 - 12.4 馬也
5枠 9番 ヒマラヤテンカ 連闘の為中間軽め
5枠 10番 ノーブルルージュ 9/3 DP 66.2 - 52.0 - 38.7 - 11.9 強め
6枠 11番 タガノアザガル 9/3 CW 83.6 - 67.8 - 53.2 - 39.6 - 12.6 馬也
6枠 12番 タガノヴェルリー 9/5 栗坂 60.1 - 41.3 - 26.9 - 11.9 馬也
7枠 13番 スノーエンジェル 9/3 栗坂 60.5 - 43.3 - 27.1 - 13.3 馬也
7枠 14番 デイドリーム 9/3 栗坂 55.2 - 40.3 - 26.0 - 12.9 仕掛
7枠 15番 セカンドテーブル 9/3 CW 83.8 - 68.2 - 53.9 - 39.5 - 12.4 一杯
8枠 16番 レオパルディナ 9/3 小芝 - - 56.1 - 39.6 - 11.1 馬也
8枠 17番 オメガタックスマン 9/3 栗坂 52.1 - 37.7 - 24.5 - 12.4 一杯
8枠 18番 クールホタルビ 9/3 栗坂 54.0 - 39.1 - 25.1 - 12.4 馬也

【◎ピックアップ!】

(2枠3番:リッパーザウィン)
新馬戦後になるが、増々快調と言った感じ。
今週は坂路で全体52秒台。ラスト1Fを12.5秒と文句なし。
調教の良さをそのままレースで出せれば、おのずと結果がでるのではないか。
後は、位置取り次第か。


(4枠7番:タムロダイチ)
前走の新馬戦での稍重馬場を物ともせず快勝。
先週、今週と酒井騎手を乗せての追い切り。
坂路コースで終い重点ながら、2週連続ラスト1Fを12秒台で上がってきている。
レースでも同様の競馬ができるかどうかに尽きる。


(4枠8番:オーミアリス)
先月に新馬戦を勝った後、1ヵ月間隔を開けての出走。
中間の調教は馬なり調整ながら、きっちりと動けている。
CWコースで5F67秒台、ラスト1F12秒台は、この時期だと上々だろう。
レースで気分の悪さを出さなければ、好勝負ができるのではないか。


(8枠17番:オメガタックスマン)
間隔は約2カ月近く開くけど、中間の調教はみっちりとやられている。
3週前から時計を出しており、週を追うごとに時計が速くなり動きが良くなっている。
今週は坂路コースで全体52秒台、ラスト1F12.4秒と申し分なし。
間隔を開けたことがこの馬にとって、プラスになっているのだろう。


(8枠18番:クールホタルビ)
既に3回も出走しているが、特に調子落ち等はなさそうだ。
中2週の競馬になるため、馬なりでの調整だが、動きは鋭い。
2週連続坂路コースでラスト1Fを12秒台でまとめており、
動ける態勢は整っている感じ。
最外枠は逆にこの馬にとってはプラスか。

【調教展望】9月7日(日)札幌11R 丹頂S

【予想 新潟11R 新潟記念(G3)】まだまだ決着は着いていない! 小倉記念の負け組が巻き返す!!

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿