新潟競馬は引き続くけど、夏を締めくくる新潟のメインレースは「新潟記念(G3)」。

芝2000mのハンデ戦に18頭が参戦。

力関係が非常に難解に感じるレースであるが、まずは馬の状態の善し悪しを把握することが先決か。

天気も崩れる予報になっており、しっかりチェックしておきたいところ。


<9月7日(日)新潟記念の調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ダコール 9/3 栗坂 55.2 - 38.8 - 25.3 - 12.9 強め
1枠 2番 マデイラ 9/3 DP 66.9 - 51.0 - 37.8 - 11.3 馬也
2枠 3番 メイショウナルト 9/3 CW 81.3 - 64.9 - 51.2 - 38.1 - 12.5 強め
2枠 4番 エックスマーク 9/3 CW 71.7 - 55.8 - 40.7 - 12.2 馬也
3枠 5番 ステラウインド 9/3 南W 67.8 - 52.3 - 39.1 - 12.4 強め
3枠 6番 カルドブレッサ 9/3 CW 79.6 - 65.2 - 51.6 - 38.6 - 12.4 馬也
4枠 7番 アドマイヤタイシ 9/3 札ダ 70.8 - 55.7 - 41.4 - 12.6 馬也
4枠 8番 アロマカフェ 9/3 南W 69.5 - 54.0 - 39.7 - 12.7 強め
5枠 9番 ニューダイナスティ 9/3 栗坂 53.0 - 38.5 - 25.0 - 12.4 一杯
5枠 10番 コアレスドラード 9/3 CW 84.4 - 68.9 - 54.2 - 40.6 - 12.2 一杯
6枠 11番 レインスティック 9/3 南W - - 54.1 - 39.9 - 13.1 仕掛
6枠 12番 ユールシンギング 9/3 美P 66.8 - 52.2 - 37.9 - 11.7 一杯
7枠 13番 マーティンボロ 9/3 CW 83.0 - 68.1 - 53.6 - 39.5 - 13.1 仕掛
7枠 14番 トーセンジャガー 9/3 美坂 55.7 - 40.2 - 26.4 - 13.4 一杯
7枠 15番 ラストインパクト 9/3 CW 86.2 - 69.9 - 54.0 - 38.9 - 12.0 一杯
8枠 16番 クランモンタナ 9/3 栗坂 51.8 - 38.0 - 25.2 - 12.8 一杯
8枠 17番 ヴィクトリースター 9/3 栗坂 52.3 - 37.8 - 24.9 - 12.4 一杯
8枠 18番 アスカクリチャン 9/3 栗坂 53.4 - 39.0 - 25.3 - 12.7 一杯

【◎ピックアップ!】

(2枠3番:メイショウナルト)
七夕賞で復活を果たし、小倉記念でも力強い競馬を見せた。
夏場が向くのか、非常に良い競馬が続いている。
前走でも調教は動いていたが、今回も順調に時計を出している。
先週、今週とCWコースで6F81秒台。
今回は直線が長く厳しい競馬になることが想定されるけど、小細工なく逃げてどこまでも。


(3枠5番:ステラウインド)
前走の函館記念の後も、順調に乗り込まれている。
先週、今週と南Wコースで終い重点の追い切り。
ラスト1Fを12秒台を馬なりで出しており、状態は申し分ない感じ。
夏場から成績が上がっており、後は力関係がどうかだけだろう。


(5枠9番:ニューダイナスティ)
七夕賞、小倉記念というローテーションで来ており、共に成績は安定している。
前走も調教は動けていたし、今回も調教は動けいている。
昔は坂路コースでもラスト1Fに時計を要していた印象があるが、
今では問題なく12秒台を出せるようになっている。
その点が成長の証か。
状態は引き続き良さそうなだけに、ハンデを活かしてどこまでやれるかだろう。


(8枠17番:ヴィクトリースター)
このレースへ向けて、だいぶ負荷をかけてきた感じ。
時計面では順当に応えている感じ。
年齢的に急成長ということもないだろうが、ハンデを活かしてどこまでやれるかだろう。
坂路コースでコンスタントにラスト1Fを12秒前半で上がってくるあたり、
状態は好調を保っているということだろう。

【予想 新潟11R 新潟記念(G3)】まだまだ決着は着いていない! 小倉記念の負け組が巻き返す!!

【予想 新潟11R 長岡S】まだまだ忘れちゃ困りますよ! ここに素質馬がいることを。

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿