札幌と共に明日は新潟方面でも雨の予報。

馬場状態は徐々に悪化してきているが、まだまだ時計が出ている新潟の芝。

そんな新潟競馬場で行われる土曜日のメインレースは「日本海ステークス」。

1600万クラスの芝2200m戦。

11頭と手頃な頭数だけに、きっちりと状態の良い馬を見極め、馬券に繋げたいところ。


<8月23日(土)日本海Sの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 フレージャパン 連闘の為中間軽め
2枠 2番 ケイアイチョウサン 8/20 南W 70.2 - 54.6 - 41.0 - 13.0 一杯
3枠 3番 ヴァーゲンザイル 8/20 美坂 53.6 - 39.5 - 25.9 - 12.6 強め
4枠 4番 ヒラボクビクトリー 8/20 栗坂 55.8 - 40.8 - 26.1 - 12.7 仕掛
5枠 5番 レッドヴァンクール 連闘の為中間軽め
6枠 6番 エスオンマイチェス 8/20 美坂 57.5 - 40.6 - 25.6 - 12.8 馬也
6枠 7番 アップルジャック 8/20 南D 65.7 - 50.6 - 37.1 - 12.0 一杯
7枠 8番 オーヴァージョイド 8/20 栗坂 53.0 - 38.6 - 24.9 - 12.5 仕掛
7枠 9番 ブリッジクライム 8/20 美坂 55.3 - 38.2 - 25.4 - 13.1 馬也
8枠 10番 トラストワン 8/20 DP 68.2 - 52.8 - 38.5 - 11.7 馬也
8枠 11番 アロヒラニ 8/20 美P - - 53.6 - 39.2 - 11.7 仕掛

【◎ピックアップ!】

(3枠3番:ヴァーゲンザイル)
約2カ月の間隔を開けての出走。
中間は美浦の坂路コースで乗り込まれ、週を追うごとに動ける態勢を整え、
今週は全体53.6秒、ラスト1F12.6秒と上々の動き。
初戦から力を発揮できるだろうし、後は展開が向くかどうかだろう。


(6枠7番:アップルジャック)
順調に使われているが、イマイチ成績が伴っていない。
そんな中でも今週は南Dコースで上々の動きを見せた。
5F65秒台でラスト1Fを12.0秒と好タイム。
前走直線坂のない福島で差のない競馬をしているだけに
今回も直線坂のない新潟コースで狙っても面白いかも。


(7枠8番:オーヴァージョイド)
1年3ヵ月振りの長期休養明け。
それでも、中間は十分に乗り込まれており、
初戦から力は発揮できる態勢とみる。
どんなレースをしてくれるのか、見ておきたい1頭。

【調教展望】8月23日(土)小倉11R TVQ杯

【調教展望】8月23日(土)札幌11R TVh賞

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿