日曜日の札幌のメインレースは「UHB賞」。

オープンクラスの芝1200mのハンデ戦。

スマートオリオンやクリスマスなどの参戦で俄然盛り上がる。

しかし、小回りコースで16頭の多頭数でレースの予想は難解を極めそうだ。

まずはしっかりと状態面を見極め、前進したいところ。


<8月17日(日)UHB賞の調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 レオンビスティー 8/13 札ダ 67.8 - 52.9 - 38.9 - 12.5 馬也
1枠 2番 ダイメイザクラ 8/13 札ダ 69.8 - 53.9 - 40.3 - 12.9 馬也
2枠 3番 スマートオリオン 8/13 函W 68.2 - 53.3 - 38.7 - 12.2 馬也
2枠 4番 クリスマス 8/13 札芝 64.1 - 49.4 - 35.0 - 12.1 強め
3枠 5番 ツインクルスター 8/13 札ダ 78.6 - 63.4 - 51.2 - 38.9 - 12.5 一杯
3枠 6番 ハノハノ 8/13 函ダ 86.5 - 70.9 - 56.8 - 42.1 - 13.3 強め
4枠 7番 レジェトウショウ 8/7 札芝 85.7 - 70.1 - 55.1 - 39.9 - 13.2 馬也
4枠 8番 メモリアルイヤー 8/13 函W 68.2 - 53.1 - 39.2 - 12.7 強め
5枠 9番 サクラゴスペル 8/13 函W 65.1 - 51.4 - 37.8 - 12.7 強め
5枠 10番 エポワス 8/14 札ダ - - 59.0 - 44.0 - 14.5 馬也
6枠 11番 マヤノリュウジン 8/13 函W 68.5 - 53.0 - 39.0 - 13.2 一杯
6枠 12番 ビウイッチアス 8/13 南W 67.0 - 51.9 - 37.9 - 12.7 仕掛
7枠 13番 サンディエゴシチー 8/13 函W 70.8 - 55.4 - 40.4 - 13.2 馬也
7枠 14番 コンサートレディ 中間軽め
8枠 15番 ブランダムール 8/13 札ダ 68.3 - 53.7 - 40.0 - 12.2 馬也
8枠 16番 サドンストーム 8/13 札ダ 66.3 - 51.6 - 38.0 - 11.8 強め

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:レオンビスティー)
調教の動きはいつも良い。
ただ、それが結果に結び付いていないだけに、判断の取捨が難しいところ。
追い切りが動いているだけに、状態が悪いということはないだろう。
ハンデも適斤だけに、怖い1頭ともいえるだろう。


(2枠3番:スマートオリオン)
前走の函館SS(G3)は内で狭いところに入ってしまい全くレースにならなかった。
ここでは仕切り直しの1戦となる。
今週の動きは函館Wコースで終い重点の追い切りで、ラスト1Fを12.2秒と申し分なし。
今回も内枠でありトップハンデという条件は厳しいが、跳ね除けられるか?


(5枠9番:サクラゴスペル)
高松宮記念(G1)以来の出走となるが、
中間の乗り込み量は問題ないだろう。
かつ、中間の時計も特段速い時計ではないが、水準時計をマークしており、
仕上がりに関しては申し分ないだろう。
今までの相手関係から考えても、ここはいきなり狙っても面白いだろう。


(8枠15番:ブランダムール)
前走は休み明けを快勝し、ここではさらに上積みを感じられるような調教の動き。
今週は札幌のダートコースで終い重点の追い切り。
ラスト1Fを12.2秒と馬なりで動いており、上々な感じ。
後は力関係がどうかだが、ハンデ戦ということもあり、うまく流れに乗れればといったところか。

【データ:札幌記念】札幌記念の過去10年のデータ

【調教展望】8月17日(日)小倉11R 阿蘇S

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿