日曜日の新潟のメインレースは関屋記念(G3)

8枠16番レオアクティブが取り消して、出走頭数は16頭に変更。

夏のマイル王決定戦。ちょっとした風物詩になってるよね。

ただ、天気が悪いだけにその点の考慮がまた難しいところ。

しかし、混戦が想定されるレースこそまたしっかりと射止めたいレースでもある。

-------------
■ システマチック予想
-------------


それでは関屋記念の予想に移っていこうと思う。

まずは展開を予想していこう。

逃げそうなのは、メンバーを見渡すと3枠6番ティアップゴールドあたりかなぁと思う。

他は8枠17番シルクアーネストあたりも前に行きそうだけど、

比較的落ち着いた流れのペースになるだろうと思う。


日曜日の新潟は馬場状態も悪いだろうし、時計は遅いだろうと想定できる。

時計が遅くて、ペースが遅いのであれば、

軸馬に選ぶ基準は、前に位置取れるか直線で鋭く伸びる力を持っている馬が良いのではないかと思う。

だけど、その観点で絞ろうとすると多くの馬が残り過ぎてしまう・・・(^▽^;)


よって、次なるファクター【実績面】、【リフレッシュ効果】or【叩き2走目】で見てみると

・3枠5番:エクセラントカーヴ
・4枠7番:ダノンシャーク
・8枠15番:エキストラエンド

の3頭にいきなり絞れた。

後は、【種牡馬実績】【展開面】を考慮すると

・4枠7番:ダノンシャーク

の1頭に絞ることが出来た。

よって軸馬はこの馬で決定!


前走の安田記念ではかなり馬場が悪い中でも踏ん張っていたし、

その経験がここでは大きく活きてくるだろうとも思う。


馬券は3連複で買い目は以下の通り。

(3連複フォーメーション)
7 - 5,12,14,15 - 1,2,3,5,8,9,10,11,12,14,15,17 (38通り)


オッズは結構割れてるから

点数多めでも的中すれば全然問題なし。

むずかしいレースに思うけど、意外と上位人気の馬で決まるのではないかと思う。


鞍上の内田は、折り合いは下手かなって思うけど、

直線の追いっぷりに関しては剛腕だと思うし、ダノンシャークのような先行して直線粘り通すような馬には内田Jは合っていると思う。


どんなレースになるか、楽しみな1戦だ。

【調教展望】8月17日(日)小倉11R 阿蘇S

【調教展望】8月17日(日)新潟11R 関屋記念(G3)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿