新潟のメインレースは3歳戦のダート戦。

距離1800mの新潟コースに15頭が集結。

台風の影響で恐らく馬場は水分を含んだ状態になり、時計が出やすい勝負になるだろう。

その点と、調教からの体調面のチェックを確実に行っておきたい。


<8月10日(日)レパードSの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 メイショウイチオシ 8/6 栗坂 53.0 - 38.2 - 24.7 - 12.1 仕掛
2枠 2番 ファドーグ 8/3 美坂 54.5 - 40.6 - 26.8 - 13.5 馬也
2枠 3番 レッドアルヴィス 8/6 栗坂 54.0 - 39.2 - 25.1 - 12.5 一杯
3枠 4番 ランウェイワルツ 8/6 栗坂 53.0 - 38.9 - 25.8 - 13.4 一杯
3枠 5番 ジャッカスバーク 8/6 南W 66.0 - 51.5 - 37.7 - 12.6 馬也
4枠 6番 ナンヨーマーク 8/6 CW 84.7 - 68.9 - 53.6 - 39.7 - 12.2 一杯
4枠 7番 アスカノロマン 8/6 CW 84.8 - 68.0 - 53.1 - 39.0 - 13.1 馬也
5枠 8番 アムールスキー 8/6 南W 67.8 - 53.0 - 39.1 - 12.5 一杯
5枠 9番 クライスマイル 8/6 美坂 54.3 - 39.1 - 25.3 - 12.6 馬也
6枠 10番 ノースショアビーチ 8/6 美坂 53.7 - 39.0 - 25.6 - 13.0 強め
6枠 11番 リサプシュケ 8/6 南W 72.0 - 55.7 - 41.9 - 14.0 馬也
7枠 12番 カラダレジェンド 8/6 新ダ 69.1 - 53.8 - 39.3 - 12.3 馬也
7枠 13番 アジアエクスプレス 8/6 美坂 52.8 - 38.5 - 25.5 - 12.7 馬也
8枠 14番 スピナッチ 8/6 CW 84.7 - 68.1 - 52.2 - 38.6 - 11.8 馬也
8枠 15番 タガノエッヴィーバ 8/6 CW 84.9 - 68.5 - 53.2 - 39.6 - 12.9 一杯

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:メイショウイチオシ)
今週は終い重点の追い切りながら、坂路コースでラスト1Fを12.1秒で伸びてきた。
夏場に掛けて体調が上がってきているのだろうか。
前走も2着と健闘しており、状態面からは推したい1頭だ。


(3枠5番:ジャッカスバーク)
前走は条件戦で2着だったが、しっかりと間隔を取って立て直しをはかる。
中間は南Wコースで乗り込まれ、水準時計を馬なりで出している。
今週は5F66秒台、ラスト1F12秒台を馬なりで計時。
仕上がりは良さそうで力を出せる状態にあるだろう。


(5枠9番:クライスマイル)
中間の乗り込みは入念で、このレースに照準を合わせてきた感じだ。
2戦2勝とまだキャリアは浅いが、調教の内容からはさらなる上昇が窺えそう。
今週は美浦坂路で終い重点の調教。ラスト1Fを12.6秒と馬なりで計時。
後は力関係がどうかだろう。


(7枠13番:アジアエクスプレス)
前走は圧倒的な1番人気を裏切る形になったが、
中間は前走以上に入念に乗り込まれている。
1週前は南Dコースで6F77秒台と好時計を出し、
今週は美浦坂路で52秒台の好時計。
ラスト1Fも12秒台でまとめており、状態面は良さそうだ。
気性面に少し問題を抱えているのだろうか。

【予想:新潟11R レパードS(G3)の3連複勝負】先行有利な展開を味方に粘り込む!

【予想:小倉11R 小倉記念(G3)の3連複勝負】小倉強しのインパクト。ここでも!

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿