経験の浅い馬たちの中から、どの馬を軸にするか、という順序でいつも決めているのだが、このレースは最初から難しい。

まだまだこれから大人の階段を昇っていく少女たちだから、いつ状況が入れ替わったっておかしくはない。


まずは、実績最上位のホウライアキコの取捨が大きなカギになるだろう。

前走のデイリー杯はとても強い内容に思える。

ハイペースの中、番手で折り合い、直線に向いても脚色は衰えない。

最後は1番人気のアトムに詰め寄られているが、3着以下に3馬身の着差をつけている。

これを強い言わず何と言うのか。

ただし、ジュベナイルフィリーズ(G1)はデイリー杯(G2)の時よりもメンバーは確実に強くなる。

この相手関係と展開が全てのような気がする。

メンバーを見渡すと、前走のデイリー杯の時のようなハイペースにはならないと思われる。

ミディアムペースかなって感じがする。

このホウライアキコは、あんまりスローペースにしなくても勝負ができそうな堂々とした馬だ。

だから、遅いペースだと判断するや否や、この馬自身が逃げを打つこともできる。

とにかく器用な馬だと思う。

しかし、問題点はある。

それは、

 『最後の直線の坂』

だ。

苦しいレース展開になった時に、この坂で踏ん張ることができるかどうかが問題だ。

ライバルは差し馬が多いから、この坂でグッと差を詰めてくることだろう。


ホウライアキコ自身、前走はレコードで好走しているのだが、坂のあるコース自体が初なので、どのように考えていったらいいかは難しく思う。

「最後の坂を踏ん張ることができるのか・・・」

これはやってみなければわからない。

尚更、前走が消耗戦のレースだっただけに、阪神コースの適性判断をを難しくしている。

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

ホウライアキコに関しては、未知な部分があり、それが不安材料でもあるので軸にすることは敬遠したいかなって感じだ。

ん~、ということで、

ホウライアキコは軸ではなく相手候補だな。



次に見ていくのは、松田厩舎の2頭。

ハープスターとレーヴデトワール。

[ハープスター]
まず、ハープスターなのだが、これは最初から軸にする気はない。

恐らく1番人気だろうし、強烈な差し足を持っているのは分かっているが、

休養明けのハイペースの見込めないレース展開で、やすやすとG1で差し切れるか、というとそうではないと思うからだ。

言葉で伝えるのは難しいが、今年の毎日王冠のショウナンマイティのような感じで、意外と伸びなかったり・・・みたいな。

やはりG1だし、あっさり勝てるような甘いレースではないと思う。

ということで、ハープスターは相手候補だ。


[レーヴデトワール]
前走はとにかく強い。

阪神コースも問題ないだろうし、展開不問な感じもする。

鞍上に福永というあたりも姉のレーヴディソールの再来を思わせるかのようだ。

馬の出たなりのレースをしそうで、位置取りは中団から後方になると予想する。

強烈な差し脚を繰り出すことができるので、スローペースになっても、問題なさそうで、軸候補の1頭だ。

前走で大きく馬体重を減らしているので、これ以上は減っては欲しくない。


と、この時点で1頭の軸候補が上がってきたのだが、実はもう1頭軸候補がいる。

それは

『マーブルカテドラル』

だ。

新潟2歳Sでは5着とハープスターに敗れてはいるが、その後の2戦はとても素晴らしい成長力を見せている。

特に前走では、鞍ズレを起こしながらも直線では最後まで伸び続けていた。

前走を見ている限りでは2000mでも全然大丈夫な感じもするし、スタミナ戦になっても大丈夫な気がする。

前走の上がり3Fでは33秒台の足を繰り出しているし、スピード勝負になっても問題はないと思われる。

この馬自身、器用な感じがするし、有力馬よりも少し前で競馬すると思う。

ということで、この馬も軸馬候補。


他にも、レッドリヴェールやフォーエバーモアなど良い馬はいるが、軸馬候補の2頭には少し劣るとみる。

よって軸候補は、「レーヴデトワール」か「マーブルカテドラル」のどちらかから馬券を購入する。

迷いに迷うが、後は実績などを考慮して、「マーブルカテドラル」を選びたいと思う。


◎マーブルカテドラル

馬券はここから流して3連複で購入することにする。


昨年などは、かなり荒れているので、相手候補も慎重に選び出し、

荒れた時もしっかりゲットできるように、見極めていきたい。

【システマ予想】12月8日(日)の予想

【つぶやき】キズナの成長力がすごい

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿