遂にやって来ました!

夏の競馬の風物詩といえば「アイビスSD(G3)」

直線1000mの攻防戦。

走っている馬の横をカメラが同時に走行し、臨場感を伝えてくれる。

牝馬が活躍しているレースでもあり、

今年はどんなレースになるのか、状態面はきっちりとチェックしておこう。

<8月3日(日)アイビスSDの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ブルーデジャブ 7/30 栗坂 57.5 - 40.4 - 25.4 - 12.7 馬也
2枠 2番 セイコーライコウ 7/30 美坂 57.1 - 40.0 - 26.5 - 13.1 馬也
3枠 3番 フォーエバーマーク 7/30 南芝 - - 53.3 - 39.3 - 11.8 馬也
4枠 4番 ローブドヴルール 7/30 美坂 53.8 - 40.0 - 26.6 - 13.5 強め
4枠 5番 バーバラ 7/30 栗坂 55.5 - 40.2 - 26.7 - 13.7 馬也
5枠 6番 デュアルスウォード 7/30 美坂 57.1 - 41.1 - 26.7 - 13.3 馬也
5枠 7番 パドトロワ 7/30 栗坂 54.3 - 39.4 - 25.4 - 12.3 一杯
6枠 8番 アンゲネーム 7/30 美坂 54.0 - 39.5 - 26.0 - 13.5 一杯
6枠 9番 リトルゲルダ 7/30 栗坂 53.6 - 38.6 - 25.0 - 12.0 一杯
7枠 10番 アースソニック 7/30 栗坂 52.5 - 37.7 - 24.9 - 12.8 一杯
7枠 11番 フクノドリーム 7/30 南W - - 53.7 - 37.7 - 12.0 馬也
8枠 12番 アンバルブライベン 7/31 栗坂 57.7 - 41.9 - 27.2 - 13.7 馬也
8枠 13番 シャイニーホーク 7/30 栗坂 53.7 - 39.3 - 25.3 - 12.8 馬也

【◎ピックアップ!】

(3枠3番:フォーエバーマーク)
前走は函館でレースをして、美浦に戻ってからはこのレースを照準に。
特段速い時計を出している訳ではないけど、乗り込み量に不足はなし。
馬なり調整でこの馬なりに力を出せる体勢は整ったか。
内枠だけにどんなレースをするのかが見ものだ。


(7枠11番:フクノドリーム)
前走を叩いて、中1週ながら上昇をしているような動き。
今週は南Wコースで終い重点の追い切り。
ラスト1Fを12.0秒と馬なりでまとめている。
まだまだ成長途上の3歳馬。
1000mという距離が吉と出るのか、凶と出るか。


(8枠13番:シャイニーホーク)
叩き2走目となり、中間の調教では上昇を感じられる内容。
先週は一杯に追われ、坂路で51秒台と速い時計。
そして、今週は先週と同じで坂路コースで追われ、馬なりの調整。
それでも53秒台と水準の時計が出ており、上昇度という点で見ればこの馬か。

【調教展望】8月3日(日)札幌11R クイーンS(G3)

【調教展望】8月2日(土)札幌11R 札幌日刊スポーツ杯

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿