先週から札幌競馬場はリニューアルして戻ってきた。

今週は開幕2週目で芝の重賞戦、「クイーンステークス(G3)」だ。

牝馬限定戦ながら登録馬を見てみると、

力の拮抗したメンバー達が登録しており非常に楽しみだ。

そして、どんなレースになるのか過去10年分のデータが参考になればと思い、クイーンS(G3)の勝ち馬データを見ていこう!

************************************************************
<データ算出条件>
・過去10年のクイーン(G3)の勝ち馬データ
(※2013年は函館開催の為データから除外)
************************************************************


【年齢】
・3歳 4頭
・4歳 4頭
・5歳 1頭
・6歳 1頭


3歳、4歳が圧倒的に好成績。
3歳馬で初めて古馬と対戦する馬もいるかも知れないが、
割り引く必要もなさそうだ。


【人気】
・1番人気 2頭
・2番人気 3頭
・3番人気 1頭
・5番人気 2頭
・7番人気 1頭
・11番人気 1頭


1番人気の信頼度は全然高いとは言えない結果。
荒れやすいレースと言えるかも。


【前走からの間隔】
中2週 1頭
中5週 1頭
中6週 1頭
中9週 1頭
中10週以上 6頭


半数以上が中10週以上。
休養明けでリフレッシュして出走した方が
牝馬は好走しやすいということだろうか。


【前走の着順】
・1着 1頭
・2着 2頭
・4着 3頭
・5着 1頭
・6着以下 3頭


前走の着順は特に関係なさそう。
前走の着順が悪くても巻き返ししている馬は多い。
とにかく状態の良さが優先のような感じだ。


【前走の距離】
・1600m 3頭
・1800m 3頭
・2000m 1頭
・2400m 3頭


前走の距離はマイルから2400mまでと幅広い。
前走が1200mや1400mの馬は割引が必要ということだろう。


【4コーナーでの位置取り】
・先頭 6頭
・3番手 1頭
・4番手 1頭
・5番手 1頭
・8番手 1頭


4コーナーの位置取りは先頭が圧倒的に多い。
早めに仕掛けて押し切る形がいいのだろう。
小回りコースだけに自在性は重要ということなのだろう。


【枠順】
・1枠 1頭
・2枠 0頭
・3枠 3頭
・4枠 0頭
・5枠 2頭
・6枠 3頭
・7枠 1頭
・8枠 0頭


枠順は、3~7枠に集中している。
やはり最内は包まれる心配、大外は距離損ということが
響いてくるのだろう。



上記の結果を受けて、どう見ていけばいいだろうか?

3歳か4歳で、休養明けで自在性がある馬ってのがイイ感じだろうか。

となると、登録馬の中では

 ・スマートレイアー
 ・マーブルカテドラル


が良いローテーションと言えるような感じ。

スマートレイアーは出遅れクセがあるだけにちょっと心配な面もあるけど、

鞍上も池添に乗り代わりの今回はどんなレースをするのか、非常に楽しみな1戦である。

【データ】2011年のクイーンS(G3)を参考に今年の勝ち馬を探ってみた

【振り返り:27日(日)中京11R 中京記念(G3)】昨年同レース好走馬は必ず押さえる?

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿