日曜日の函館のメインレースはマリーンS。

オープンクラスのダート1700m戦。

13頭立てと出走頭数は手頃な感じだけど、

ハンデ戦だけに、状態の良さそうな馬が台頭してくること間違いなし。

しっかりと調教内容は押さえておきたいところ。


<7月13日(日)マリーンSの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ツクバコガネオー 7/9 美坂 55.7 - 39.9 - 26.0 - 13.3 一杯
2枠 2番 ロイヤルクレスト 7/9 函ダ 81.2 - 65.4 - 51.1 - 37.5 - 12.2 馬也
3枠 3番 フリートストリート 7/9 函W 71.4 - 54.6 - 39.9 - 12.2 強め
4枠 4番 イッシンドウタイ 7/9 函W 71.0 - 54.6 - 39.3 - 12.5 馬也
4枠 5番 クリールパッション 7/11 函W 69.9 - 54.9 - 39.7 - 13.0 一杯
5枠 6番 サンビスタ 7/9 函W 71.4 - 54.6 - 39.9 - 12.2 強め
5枠 7番 ジョウノボヘミアン 7/9 函W 69.7 - 54.2 - 39.7 - 12.6 一杯
6枠 8番 リアライズキボンヌ 7/10 函W 71.0 - 56.9 - 43.5 - 16.1 一杯
6枠 9番 サトノプライマシー 7/10 函W - - 52.3 - 38.1 - 12.9 馬也
7枠 10番 グランプリブラッド 7/9 函W 68.7 - 53.7 - 39.5 - 13.2 馬也
7枠 11番 ジャンナ 7/10 函W 70.4 - 54.4 - 39.3 - 12.4 馬也
8枠 12番 ヒルノマドリード 7/9 函ダ 84.6 - 68.4 - 53.8 - 39.3 - 12.4 馬也
8枠 13番 エーシンモアオバー 7/9 函W 67.1 - 52.7 - 39.4 - 12.7 強め

【◎ピックアップ!】

(2枠2番:ロイヤルクエスト)
休養明けの前走を快勝して、中1週での出走。
1叩きしてさらに状態は上向きといったところだろうか。
今週は函ダコースで6F81秒台。ラスト1Fも12秒台を馬なりで。
前走の様にスムーズな競馬が出来れば、力は上位だろう。

【予想】ハイペースから抜け出せビスタ!『函館11R マリーンSの3連複勝負【自信度◎】』

【予想】先行有利!ハンデ差活かして『福島11R 天の川Sの3連複勝負【自信度△】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿