週末日曜日の中京のメインレースはプロキオンS(G3)。

ダートの1400mの別定戦。

中京に開催場が移ってからまだ2年とデータから予想するのは少し難しいレース。

実力拮抗したメンバーが16頭集っているだけに、

まずは、状態の良さそうな馬を見つけ出してから、

予想を進めていきたいところだ。


<7月13日(日)プロキオンSの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ガンジス 7/9 栗坂 50.9 - 37.7 - 25.0 - 12.7 一杯
1枠 2番 コーリンベリー 7/9 栗坂 53.7 - 38.3 - 25.1 - 12.5 馬也
2枠 3番 キョウワダッフィー 7/9 栗坂 54.8 - 39.5 - 25.1 - 12.1 強め
2枠 4番 スリーボストン 7/9 栗坂 51.6 - 38.1 - 25.5 - 13.2 一杯
3枠 5番 キョウエイアシュラ 7/9 栗坂 52.3 - 38.5 - 25.1 - 12.4 一杯
3枠 6番 ベストウォーリア 7/9 栗坂 51.4 - 37.4 - 24.6 - 12.6 一杯
4枠 7番 シルクフォーチュン 7/9 CW 66.2 - 51.4 - 38.0 - 12.8 一杯
4枠 8番 サクラレグナム 7/9 北C 65.7 - 50.6 - 36.9 - 12.4 強め
5枠 9番 ダノンカモン 7/9 CW 81.9 - 67.1 - 52.5 - 39.2 - 12.3 一杯
5枠 10番 マーチャンテイマー 7/9 CW 69.7 - 54.1 - 40.0 - 12.4 一杯
6枠 11番 アドマイヤロイヤル 7/9 栗坂 51.1 - 37.1 - 24.4 - 12.5 一杯
6枠 12番 サマリーズ 7/9 DP 63.4 - 49.2 - 36.0 - 11.2 馬也
7枠 13番 ノーザンリバー 7/9 栗坂 56.5 - 41.1 - 27.0 - 13.2 馬也
7枠 14番 ゴールスキー 7/9 栗坂 51.6 - 37.4 - 24.3 - 12.5 一杯
8枠 15番 ワイドバッハ 7/9 栗坂 52.8 - 39.0 - 25.4 - 12.8 一杯
8枠 16番 パドトロワ 7/9 栗坂 51.1 - 37.7 - 25.3 - 13.0 一杯

【◎ピックアップ!】

(1枠2番:コーリンベリー)
前走は直線の長い府中コースで、勝ち馬には水を開けられた形になったが、
2着に粘り込んだのは立派のひと言。
中2週ながら、今週は坂路で終い重点の追い切り。
馬なりでラスト1F12.5秒と動きは申し分なし。
後はどこまで力が通じるかということろだが、
斤量という側面からから狙ってみるのも面白い。


(2枠3番:キョウワダッフィー)
2連勝中と快調で、中間の調教も順調に乗り込まれている。
坂路とCWコースを併用して、乗り込み量も不足なし。
今週は坂路で終い重点の追い切り。
ラスト1Fを12.1秒と切れ味のあるところを見せつけた。
ここでも力上位のレースができるはず。


(3枠5番:キョウエイアシュラ)
前走を勝った後はこのレースに照準を合わせていたかのよう。
今週は坂路で好時計。
全体52.1秒、ラスト1F12.4秒と体調は絶好調といったところか。
昇級戦で力関係がどうかだが、状態面からは狙ってみたいところ。


(6枠11番:アドマイヤロイヤル)
近走の中では1番時計が速く、みっちりと追われている感じ。
7歳ながら、まだまだ衰えは見せていない感じだ。
このレースとは相性が良く、3年連続の出走となるが、
今年もメンバーレベルから考えれば、上位争いは必至だろう。

【予想】甘さ快勝!ブリンカー効果!『中京11R 豊明Sの3連複勝負【自信度○】』

【調教展望】7月13日(日)福島11R 七夕賞(G3)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿