今週から福島競馬と共に中京競馬が開幕する。

2日目のメインレースはCBC賞(G3)

快速馬が自慢の脚を披露する芝1200m戦。

ハンデ戦だけに、どの馬にもチャンスはある。

16頭がどんなレースを繰り広げるのか、調教内容から状態の良さそうな馬を見つけ出していこう。


<7月6日(日)CBC賞の調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 リアルヴィーナス 7/2 栗坂 55.6 - 40.2 - 25.8 - 12.0 馬也
1枠 2番 ワキノブレイブ 7/2 CW 86.5 - 69.8 - 53.8 - 39.2 - 12.4 馬也
2枠 3番 ルナフォンターナ 7/2 CW 69.3 - 53.6 - 39.5 - 11.7 強め
2枠 4番 レオンビスティー 7/2 栗坂 49.1 - 36.4 - 24.2 - 12.2 馬也
3枠 5番 カイシュウコロンボ 7/2 栗坂 54.4 - 39.9 - 26.0 - 12.8 馬也
3枠 6番 サクラアドニス 7/2 栗坂 53.9 - 38.6 - 24.8 - 12.6 強め
4枠 7番 ベルカント 7/2 栗坂 49.7 - 35.6 - 24.0 - 12.5 馬也
4枠 8番 エピセアローム 7/2 栗坂 49.8 - 36.7 - 24.4 - 12.4 強め
5枠 9番 スギノエンデバー 7/2 栗坂 58.0 - 41.1 - 26.0 - 12.7 馬也
5枠 10番 ブルーデジャブ 7/2 栗坂 51.7 - 37.0 - 24.2 - 12.2 強め
6枠 11番 トーホウアマポーラ 7/2 栗坂 53.4 - 38.7 - 25.1 - 12.4 馬也
6枠 12番 マヤノリュウジン 7/2 栗坂 53.1 - 38.2 - 24.1 - 11.7 一杯
7枠 13番 ティアップゴールド 7/2 栗坂 58.9 - 41.9 - 25.4 - 12.1 強め
7枠 14番 マコトナワラタナ 7/2 栗坂 54.9 - 39.2 - 26.1 - 13.2 馬也
8枠 15番 スイートジュエリー 7/2 栗坂 52.0 - 38.2 - 24.9 - 12.5 馬也
8枠 16番 ニンジャ 7/2 栗坂 53.5 - 38.7 - 24.9 - 12.1 馬也

【◎ピックアップ!】

(2枠4番:レオンビスティー)
近走は2ケタ着順が続いているが、今週の調教内容は抜群。
坂路コースで全体49.7秒を馬なりで叩きだす。
ラスト1Fも12.2秒と文句のない動き。
いつ一変してもおかしくない。


(4枠7番:ベルカント)
桜花賞以来の出走となるが、中間はしっかりと乗り込まれ、
このレースに照準を合わせてきた感じ。
先週、今週と2週続けて坂路で50秒を割ってくる。
これだけ動けているし、体勢は万全といったところだろう。
ハンデも他のメンバーに比べて軽いと思われるし、ここでは上位必至だろう。


(4枠8番:エピセアローム)
阪神牝馬S以来の出走となるが、中間の調整に抜かりはない。
先週、今週とみっちりやられており、今週は坂路で50秒を割ってくる。
ラスト1Fも12.4秒と間隔を開けたことにより、より動ける体勢が整ったか。
前走は1400mで善戦しているけど、ベストは1200mではないだろうか。


(8枠16番:ニンジャ)
前走後も順調のひと言。
先週は坂路で51秒台の時計を馬なりで計時し、今週も坂路で
53秒台と終い重点の追い切り。ラスト1Fを馬なりで12.1秒と鋭い動き。
状態の良さとハンデをうまく活かせれば、ここでも十分やれるだろう。

【予想】ここでは力上位だし、逃げ切っちゃいます?『中京11R 白川郷Sの3連複勝負【自信度○】』

【調教展望】7月6日(日)福島11R ラジオNIKKEI賞(G3)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿