宝塚記念の1つ前の10Rはサイレンススズカカップ。

芝の2000mハンデ戦に9頭と少し寂しい頭数。

逃げ馬を彷彿させる名前で、このレースも思わず逃げ馬から買ってしまいそうになる。

サイレンススズカを思い出しながら、予想を進めていこう。

------------
 ■ 前提条件の確認
------------


このレースではブリンカー着用の馬や初芝参戦の馬はいない。

-------------
 ■ システマチック予想
-------------


続いては展開予想。

逃げ馬は誰もいない感じ。

少頭数ということもあり、最後は上がり勝負になりそうな感じ。

こうなると、ハンデが聞いてくるので、1番人気が想定される8枠8番ジェントルマンも安泰ではない。


軸馬に選ぶ観点としては、【ラスト3F】、【ハンデ】、【叩き2走目】or【リフレッシュ効果】

というファクターで絞ってみたい。

となると、

 ・1枠1番:エーシングングン

が一番優位な感じがする。

この馬を軸に

3連複を購入したいと思う。


ちょっと点数は増えるけど、

荒れても確実にゲットするため、

(3連複フォーメーション)
1 - 3,5,6,8 - 総流し (22通り)


万馬券を取り逃さないために、

9頭立てのレースだけど、きっちりと押さえる。

とりがみになるのは覚悟の上。


酒井Jには内で先行して我慢させる競馬をしてほしいな。

がんばれ! グングン!!

【振り返り:29日(日)大沼S(函館11R)】見当違いな予想になるのは、自分のルールを破るから。

【予想】前走信頼!抜け出せリバティ! 『東京10R 清里特別の3連複勝負【自信度○】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿