土曜日の阪神メインレースは、1600万条件のダート戦。

1200m戦に快速馬が16頭集ってどんな内容が繰り広げられるのか、

しっかり予想して核心に迫っていきたいと思う。

若い馬の出走が少ないだけに、その点もしっかり考慮して予想を進めたい。

------------
 ■ 前提条件の確認
------------


・1枠1番:ドリームコンサート(ブリンカー)
・1枠2番:テイエムキュウコー(初ダート)
・6枠11番:エクセルシオール(ブリンカー)
・7枠13番:リッカアリュール(ブリンカー)

ブリンカー着用馬が3頭と初ダート出走馬が1頭。

ドリームコンサートはブリンカー着用時に成績がより安定しているから、

ここでの着用はプラスだろう。

また、エクセルシオールは前走から着用。

リッカアリュールは前々走から着用している。

少なからずの上積み効果はあるだろうっといった感じ。


テイエムキュウコーに関しては、近走は芝で力を出し切れていない感じでのダート転向か。

まだ3歳馬だけに、きっかけ1つで一変もあるから注意が必要だ。

-------------
 ■ システマチック予想
-------------


続いては展開予想。

内からドリームコンサート、カフェシュプリーム、ゴーイングパワー、エクセルシオール、エーシンクルゼ、サマリーズと

テンのスピードからハナ争いが起こりそう。

それでも外からサマリーズあたりが強引に行きそうな感じがするから、ペースは少し速くなるかな。

だから、走破時計も少し速い目で1分10秒後半くらいになるんじゃないかと。


先行馬はちょっときつい流れになるだろうけど、終いしっかりした脚が使えれば問題はなし。

その観点で可能性が高いと思われる馬をピックアップすると、

 ・1枠1番:ドリームコンサート
 ・2枠3番:タイセイマスタング
 ・3枠6番:エアカーネリアン
 ・4枠7番:カフェシュプリーム
 ・5枠10番:ゴーイングパワー
 ・6枠12番:エーシンクルゼ
 ・8枠16番:キョウエイバサラ

あたりかなと。

特段鋭い脚を使える馬はいない感じがするし、このレースは難しいと思う。


上記の中で、さらに【叩き2走目】、【調教】のファクターを適応すると

 ・2枠3番:タイセイマスタング
 ・3枠6番:エアカーネリアン


が残る。よってこの2頭を軸にちょっと幅広く買ってみようと思う。

3連複で買い目は以下の通り

(3連複フォーメーション)
3,6 - 3,6,7,12,16 - 1,2,7,9,10,12,14,16 (44通り)

非常に展開が読み辛いレースであるし、

ここは思い切って。

1つの大きな読みとして、

4枠8番ナリタシーズンは道中脚を使わされて、持ち前の切れ味が使えないと思う。

このような展開になれば、馬券は近づくだろうけど、

ナリタシーズンが突っ込んでくるような流れになれば大外れ確定だ。


どんな展開になるのだろうか。

楽しみな1戦だ。

【調教展望】6月28日(土)東京10R 八ヶ岳特別

【予想】ここでは1枚役者が違う末脚か?『東京11R 夏至Sの3連複勝負【自信度◎】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿