土曜日の函館のメインレースは、1000万条件の

芝1200m戦。定量の14頭立てと混戦メンバーが揃った。

しっかりと調教内容をチェックして、体調の良さそうな馬を探り当てたいところだ。


<6月28日(土)STV杯の調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 タンブルブルータス 6/25 函W 68.8 - 54.0 - 40.0 - 12.5 馬也
2枠 2番 ヤマニンボンプアン 6/25 函W 68.8 - 54.0 - 39.9 - 12.8 一杯
3枠 3番 ダンツカナリー 6/25 函W 67.6 - 52.7 - 38.4 - 12.4 一杯
3枠 4番 カディーシャ 6/25 函W - - 57.6 - 41.3 - 12.9 馬也
4枠 5番 ユールフェスト 6/25 函芝 - - 53.5 - 39.6 - 12.2 馬也
4枠 6番 ストークアンドレイ 6/25 函W 67.9 - 52.9 - 39.2 - 12.9 馬也
5枠 7番 シャドウエミネンス 6/25 南W - - 51.9 - 37.7 - 12.4 馬也
5枠 8番 メイショウヒデタダ 6/25 函W 66.7 - 52.1 - 38.0 - 12.6 馬也
6枠 9番 ノボリフジ 連闘の為中間軽め
6枠 10番 サクラベル 6/25 函W 65.1 - 52.4 - 40.1 - 13.8 強め
7枠 11番 エイシンオルドス 6/25 函W 67.6 - 53.2 - 39.7 - 13.1 馬也
7枠 12番 パープルタイヨー 連闘の為中間軽め
8枠 13番 クリノタカラチャン 6/25 函W - - 54.2 - 38.9 - 12.8 馬也
8枠 14番 ローズノーブル 6/25 函W 68.4 - 52.9 - 38.6 - 12.8 強め

【◎ピックアップ!】

(5枠7番:シャドウエミネンス)
前走は大敗しているけど、中間の動きを見ている限り調子落ち
という感じもなさそうだ。
今週は追い切りを南Wで済ませ、函館競馬場へは直前輸送ということになる。
当日の馬体重の変動には注意を払いたいところ。


(5枠8番:メイショウヒデタダ)
中1週の競馬ながら、今週の調教は函Wコースで上々の動き。
時計は水準ながら、ラスト1Fも12秒台と調子を良さをアピール。
時計が掛かる洋芝というのは、この馬にとってプラスだろう。

【予想】ここでは1枚役者が違う末脚か?『東京11R 夏至Sの3連複勝負【自信度◎】』

【調教展望】6月28日(土)阪神11R 三宮S

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿