日曜日の函館のメインレースは、「函館スプリントS(G3)」

芝1200mの快速戦に14頭が出走予定。

注目はやはり”ストレイトガール”

どんな勝ち方をするのか、そこに焦点が集まるね。

相手探しのレースになるかと思うけど、予想はしっかりとやっていこう。

------------
 ■ 前提条件の確認
------------


このレースではブリンカー着用の馬や初芝参戦の馬は特にいない。

-------------
 ■ システマチック予想
-------------


続いては展開予想。

3枠4番ツインクルスターや4枠6番フォーエバーマーク、5枠7番メモリアルイヤーなど、

ハナを切りたい馬は揃った感じ。

恐らくハイペースの展開になるだろう。

だけど、時計が掛かる洋芝だけに、走破時計自体は1分8秒前後になるんじゃないかと。


直線の短い函館で、グレードレースなのだから、追い込み一辺倒の馬はまずアウトだろうね。

4コーナーでは射程圏にいてくれる馬じゃなないと軸馬候補にはしにくい。


まずは、走破時計でクリアできる馬でまずは絞ってみようと思う。

だけど、全頭見てみると、時計面で言えば、全頭にチャンスがあるね(^^;)。

まいったな・・・。


となると、もっと厳しい観点で見ていかないといけない。

そうすると、【ラスト3Fタイム】と【実績面】の2つがいいかな。


【ラスト3Fタイム】は先行するのであれば、34秒を切れるかどうかのライン。

差し馬なら、確実に33秒台の脚が使えることが条件。

まずは【実績面】の馬をピックアップしておこう。

 ・1枠1番:ハノハノ
 ・2枠2番:ストレイトガール
 ・3枠3番:ガルボ
 ・4枠5番:スマートオリオン
 ・4枠6番:フォーエバーマーク
 ・5枠8番:アースソニック
 ・6枠9番:クリスマス
 ・7枠12番:セイコーライコウ

過去1年以内にOP勝ち以上、もしくはグレードレースで2着以上がある馬をピックアップ。

8頭も残ったけど、実質ここらへんまでが3連複の流し範囲かな。


上記に残った馬に対して、先ほどの続きで【ラスト3Fタイム】のしっかりしている馬を見ていこう。

そうなると、競馬場ごとに使える脚は異なるのは分かっているんだけど、

それでも近走、安定していい脚を使い続けているのは

 ・2枠2番:ストレイトガール
 ・7枠12番:セイコーライコウ

の2頭だけかな。


この2頭で、さらに【調教】、【コース相性】というファクターを適応すると

必然的に

 ・2枠2番:ストレイトガール

が残る。迷わず軸馬に決定!


相手候補は、

まずは、最終選考まで残っていたセイコーライコウは決定。

後は、叩き2走目であるフォーエバーマークとクリスマスを上位に見る。


よって、馬券は3連複で以下の買い目で購入。

(3連複フォーメーション)
2 - 6,9,12 - 1,3,4,5,6,9,10,12 (18通り)


アースソニックは相手候補から切った。

前走を見る限り、フォーエバーマークとセイコーライコウには勝てないのではないかと判断。


オッズはやっぱりストレイトガールから売れているから万馬券の組み合わせはほとんどない。

それだけみんなストレイトガールが確実だと思っているんだろう。

鞍上も岩田だと安定感抜群だし。

秋に向けて、仕切り直しの良いレースをして欲しい。


頑張れ! 岩田!!

【予想】叩き2走目、上がり勝負なら負けないよ!『阪神11R 米子Sの3連複勝負【自信度◎】』

【調教展望】6月22日(日)阪神11R 米子S

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿