日曜日の阪神のメインレースは米子S。

芝1600mの別定戦に12頭が出走予定。

少し寂しい頭数ではあるが、紛れのない頭数だけに、各々が実力を発揮できることだろう。

しっかりと体調の良い馬を見極めて予想をしていきたいところだ。


<6月22日(日)米子Sの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ミヤジエムジェイ 6/18 CW 83.0 - 67.6 - 53.5 - 40.1 - 13.2 一杯
2枠 2番 カイシュウコロンボ 6/18 栗坂 55.7 - 40.4 - 26.1 - 12.9 馬也
3枠 3番 リルダヴァル 6/18 CW 83.1 - 67.3 - 53.0 - 38.4 - 12.4 一杯
4枠 4番 エアラフォン 6/19 栗坂 52.5 - 38.3 - 25.6 - 13.1 一杯
5枠 5番 ワイズリー 6/18 栗坂 51.8 - 38.2 - 25.0 - 12.5 一杯
5枠 6番 オートドラゴン 6/19 CW 83.6 - 67.8 - 52.9 - 39.1 - 12.8 一杯
6枠 7番 サンライズメジャー 6/18 栗坂 58.3 - 42.2 - 26.5 - 12.5 馬也
6枠 8番 コスモソーンパーク 6/18 南W 67.7 - 52.9 - 38.3 - 12.5 一杯
7枠 9番 サンレイレーザー 6/18 栗坂 53.5 - 38.6 - 24.8 - 12.5 一杯
7枠 10番 ゲシュタルト 6/19 CW - - 51.0 - 37.4 - 12.2 一杯
8枠 11番 オリービン 6/18 栗坂 52.6 - 37.8 - 24.7 - 12.4 馬也
8枠 12番 ブレイズアトレイル 6/18 CW 83.5 - 67.5 - 53.0 - 39.4 - 13.3 一杯

【◎ピックアップ!】

(5枠5番:ワイズリー)
休養明けの前走を1叩きされて、中2週での出走となるが、
今週の調教では坂路で好時計。
全体51秒台で、ラスト1Fを12.5秒と速い時計を計時。
1叩きされた効果が窺え、状態は上向きだろう。


(7枠9番:サンレイレーザー)
前走を快勝後もみっちりと乗り込まれている。
DPコースと坂路コースで追い切られており、調教量は十分すぎるほど。
馬が負荷に耐えられるようになってきたのだろうか、中間も好時計を
連発しており、状態の良さが窺える。
ここでも好勝負を演じられる下地は整った。


(8枠11番:オリービン)
坂路でなかなかラスト1F13秒台を切れなかった馬が、
最近では楽に12秒台の時計で上がってくる。
しかも馬なりで上がってくるだけに、目下の調子の良さが窺える。
オープンクラスでも十分やれる力は持っており、展開1つといったところか。

【予想】軸馬鉄板! ストレイトガール!『函館11R 函館スプリントSの3連複勝負【自信度◎】』

【調教展望】6月22日(日)東京11R ユニコーンS(G3)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿