土曜日の東京のメインレースはジューンステークス。

芝の2000m定量戦に12頭と実力拮抗のメンバーが揃った。

内枠有利なスタート地点だけに、その点に注意して予想を進めていきたいと思う。


------------
 ■ 前提条件の確認
------------


・8枠12番:クランモンタナ(ブリンカー)

クランモンタナは何走も前からブリンカーを着用して出走しているから、特に今回に限って大きな上積みという訳ではないだろう。

-------------
 ■ システマチック予想
-------------


続いては、展開予想。

逃げるのは、5枠6番のソルレヴァンテか7枠9番のサムソンズプライドだろう。

どちらかといえば、ソルレヴァンテの方が逃げたい感じだろう。

2走前には大逃げして圧勝しているだけに、その形がベストなのかも知れない。

だから、その点を考慮して、このレースは頭数は少ないが平均ペースのレースになるのではないかと思う。

今の東京の馬場は荒れてきているので、走破時計も少し掛かるだろう。

よって、極端な上がりの競馬にならないと想定すると、ほとんどの馬にチャンスが生まれる。

ということは、荒れる可能性が高いともいえるね。


だから、このレースは、状態の良さそうな馬を重点に軸馬を選び出したいと思う。

となると、近走のレース内容と調教内容から、

 ・4枠4番:ロンギングダンサー
 ・5枠5番:ステラウインド

の2頭がここでは良さそうな感じ。

上がりもしっかり34秒台を使ってくれそうな想定が立つ。

どちらも東京コースは得意だし、後は実績面で少し優位な

 ・5枠5番:ステラウインド

を軸に決定して馬券を購入しようと思う。


相手は幅広く、以下の買い目で3連複馬券を購入したいと思う。

(3連複フォーメーション)
5 - 1,2,3,4,12 - 1,2,3,4,6,7,8,9,11,12 (35通り)


荒れるかも知れないと思っているから、ちょっと多めに押さえている。


このクラスを既に勝っているオルフェーヴルの弟、リヤンドファミユと、

現在絶好調のロギングダンサーとの軸馬選考には迷ったけど、

鞍上蛯名との相性の良さがステラウインドを軸にする最後の決定打となった。


これで外れても悔いはなし。

頑張れ! 蛯名!

【調教展望】6月21日(土)函館11R 函館日刊スポーツ杯

【調教展望】6月21日(土)東京11R ジューンS

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿