今週末は、函館スプリントS(G3)が行われる。

G1で2戦連続3着と安定した成績を残している”ストレイトガール”に俄然注目が集まるところだけど、

洋芝で行われるスプリント戦だけに、過去のデータの傾向からどんな馬たちが勝ったのか見ていきたいと思う。


さっそく、過去5年の「勝ち馬データ」から、共通項を探していこう。

(※2009年は札幌競馬場で開催されたため、除外して、
2008年~2013年までの5年分のデータを参考としている。)


【平均勝ちタイム】
・1分8秒5


全て良馬場で施行された時の平均勝ちタイムである。
洋芝であるため、多少時計は掛かっている。
しかし、そこまで遅い時計でもないため、スピードと力強さが要求されることが想定される。
普通芝であれば、1分7秒台の持ち時計の裏付けが欲しいところ。


【平均上がりタイム】
・34秒6


スプリント戦ということもあり、前半がそれほど遅くなるレースではない。
やはり洋芝ということもあり、追い込み一辺倒では厳しいだろうということは頭に入れておきたい。


【勝ち馬の年齢】
・4歳 2頭
・5歳 2頭
・6歳 1頭


毎年3歳馬は出走しているが、最高着順が2着の1回のみ。
それ以外は複勝圏にすら入れていない。
3歳馬はかなり力を持った馬でない限り、割引が必要であると覚えておきたい。


【勝ち馬の性別】
・牝馬 2頭
・牡馬 3頭


ここ5年で牝馬が2頭も勝っている。
特に牝馬だからと言って割り引く必要などない。
逆に出走頭数の割合から考えれば、牝馬優勢と言えるかも知れない。


【前走の距離】
・1200m 2頭
・1400m 3頭


勝ち馬の全てにおいて、前走は短距離を使っていた。
前走で長い距離を使っていた馬が単に少なかっただけの事だろう。


【前走の着順】
・1着 2頭
・2着 1頭
・3着 1頭
・14着 1頭


前走14着というのは昨年の勝ち馬のパドトロワであり、
半年ぶりの休養明けという条件があった。
条件付きでない限りは、OP特別であれば1着、
グレードレースであれば、3着以内の馬をを狙いたいところ。


【前走からの間隔】
・中3週 2頭
・中5週 1頭
・中8週以上 2頭


間隔はある程度開いていても、仕上がっていれば特に気にすることはなさそうだ。



登録馬に上記の条件を当てはめていくと、

⇒ ◎ ストレイトガール
⇒ ○ フォーエバーマーク
⇒ ○ セイコーライコウ

上記の3頭がほぼ過去の勝ち馬たちと同じような流れでの出走予定。

良馬場で施行されれば、今年は波乱のない決着になりそうな予感がする。

【調教展望】6月21日(土)阪神11R 天保山S

【次走動向】有力馬の次走予定(2014/06/17時点)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿