15日(日)の東京の10Rは1600条件のマイル戦。

ハンデ戦の18頭立てということで、荒れる条件は整った。

後は、しっかりと軸馬を選び出して予想を組み立てるだけだ。

難解なレースだけど、自分の予想力を試せる良い機会。

なんとか的中させたい。

------------
 ■ 前提条件の確認
------------


・1枠2番:アールデュラン(ブリンカー)
・3枠5番:ジョーオリオン(ブリンカー)
・4枠8番:ハーコット(ブリンカー)

3頭とも初めて着用しての出走ではない。

このレースに限って大きな上積みがあるということもないだろう。

-------------
 ■ システマチック予想
-------------


続いては、展開予想。

逃げるのは、3枠5番のジョーオリオンだろうね。

スローで逃げる馬じゃないから、このレースはある程度時計勝負も意識しないといけないだろう。

走破時計は1分33秒前後になるのではないか。

最後の上がりで33秒台の脚を使える馬は多いけど、速い時計で最後の脚がしっかりしている馬はそんなにいないはず。


その観点で見てみると、

 ・3枠5番:ジョーオリオン
 ・4枠7番:インプロヴァイズ
 ・6枠11番:シャイニープリンス
 ・6枠12番:オースミナイン
 ・8枠16番:メイケイペガスター
 ・8枠18番:ダノンジェラート

あたりが優位かな。

この上記の馬の中から、絞っていこうと思う。

有効なファクターは【実績】【叩き2走目】あたりかなと。

となると、

 ・6枠12番:オースミナイン

がピックアップされる。

よって迷わず軸に決定。

相手候補は上記の馬を筆頭に以下の買い目で3連複を購入。

(3連複フォーメーション)
12 - 5,6,7,11,16 - 1,2,5,6,7,10,11,14,15,16,17,18 (45通り)


ダノンジェラートは現級上位なのに、降級組があまりにも強いから

そんなに目立たないね。

このレースは、とても1600万条件のレースには思えない。

58キロ組が意地でも強いところを見せないとね。

どういった傾向になるか、楽しみな1戦だ。

【予想】内から逃げてそのまんま? 『阪神10R 宝塚市制60周年記念の3連複勝負【自信度○】』

【予想】直線の追い比べはやっぱり軽量馬だ! 『阪神11R マーメイドSの3連複勝負【自信度○】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿