土曜日の阪神の10Rは1000万条件の芝1400m戦。

定量戦の13頭立てと手頃な頭数のレースだけに、しっかりと射止めておきたい。

勢いのある馬に乗るべきなのか、入念にデータを見て決めていこう。

------------
 ■ 前提条件の確認
------------


・2枠2番:コレクターアイテム(ブリンカー)
・5枠6番:アスターピース(初芝)

コレクターアイテムは初めてのブリンカー着用ではないけれど、ここ2走は外して走っていた。

少し集中力を増すために再度着用しての出走ということだろう。

プラス材料だろうし、このことは頭の片隅にいれておかないと。


また、アスターピースは初めての芝のレース。

ここ2走大負けしているだけに、きっかけ作りの芝参戦ということだろう。

陣営の大きな意図は感じられない。

-------------
 ■ システマチック予想
-------------


続いては展開予想。

内から5枠6番アスターピースが行くか、7枠10番エイシンスパルタンが行くかだろう。

エイシンスパルタンは前々走に逃げずに負けているから、どちらかといえば、ここは逃げたい口だろう。

それに、前走では逃げて5馬身差をつけているし、気分よく行かせたときは存分に強さを発揮できるのだろう。


まずは、断然の1番人気の7枠10番エイシンスパルタンを見ていこうと思う。

前走の時計は1分20秒を切っているし、かなり優秀。

プラス、叩き2走目、好調教、斤量差というプラスファクターがある。

しかも、新馬の時に阪神コースも3着と経験しており、マイナスになる材料はない。

今の時計が掛かる阪神コースでも、極端なハイペースで行かない限り、急には止まらないだろう。

走破時計は1分21秒と想定しても大丈夫だろうか。

この時計であれば、問題なく走破できるだろうし、3着以内には食い込めるだろうと思う。


よって、致命的な欠点が見当たらないため、軸は

 ・7枠10番エイシンスパルタン

で決定。


買い目は以下の通り。

(3連複フォーメーション)
10 - 1,3,7,8,9,11 - 1,2,3,4,5,6,7,8,9,11,12 (45通り)


断然の1番人気から買っているけど、

密かに荒れるのではないかと思っている。

だから結構押さえている。


成長期の3歳馬がどんなレースをしてくれるか、

そして、荒れ気味の馬場でどんな対応をしてくれるか、

しっかり観察しながら観戦したいと思う。

頑張れ! 佑介!

【調教展望】6月15日(日)エプソムC(G3)

【予想】気分よく行ったときは侮れないソラニー! 『東京10R 小金井特別の3連複勝負【自信度○】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿