土曜日の東京の10Rは1000万条件のダート1400m戦。

定量戦の16頭立てで上位拮抗のメンバー構成。

難解なレースだけに、しっかりと予想して的中させたいレースでもある。


------------
 ■ 前提条件の確認
------------


・7枠13番:シンキングマシーン(ブリンカー)

前走から着用して一気に集中力が増した感じで、ここでもブリンカー効果は絶大な効果を発揮するだろう。

-------------
 ■ システマチック予想
-------------


続いては展開予想。

内から2枠4番ソラニーが行くだろうか。

他にも5枠10番サンセルマンあたりも行きそうだけど、ソラニーはやっぱハナを切りたいだろうね。

少し湿った馬場だろうから、思い切って行くんじゃないかなって思う。

ペースは平均よりも少し速くなると想定する。

ソラニーは自分自身との戦いだろう。

脚抜きの良い馬場だろうから、位置取りが後ろ過ぎても届かないだろうし、

ここは何の基準で軸馬を決めていくか、難しい面がある。


走破時計は恐らく1分23秒くらいになるだろうと思う。


ソラニーは自分自身との戦いだと言ったが、この時計で走れるかどうかをまず見てみよう。

東京コースで勝ち鞍もあるし、5走前では重馬場の中飛ばして行って、1分23秒4でこのクラスを勝っている。

だったら、再度のパターンが考えられる。

前走大負けしているから意外とマークも浅くなる可能性がある。

時計面も問題ないとみる。

逆に、強烈な差し脚を使える有力どころは、道中脚を使わされる形になるから

伸びて来れるか分からないといった面もある。


よって、軸は

 ・2枠4番:ソラニー

に決定。

相手は幅広く選び出したいと思う。

買い目は以下の通り。

(3連複フォーメーション)
4 - 1,2,3,6,13,14,15,16 - 1,2,3,6,11,12,13,14,15,16 (44通り)


相手も実力が拮抗しているから、

幅広く選んで取りこぼしのないようにしたい。


気分よく行った時のソラニーの強さを発揮して欲しい。

鞍上の横山典弘も逃げ馬の名手だけに

ちょっとだけ期待感が高まる。

ドキドキしながら観戦したいと思う。

がんばれ! ソラニー!

【予想】成長期の3歳馬があっさり通過してしちゃう? 『阪神10R 舞子特別の3連複勝負【自信度◎】』

【調教展望】6月14日(土)函館11R HTB杯

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿