7日(土)東京のメインレースは麦秋S。

1600万クラスのダート1400mの別定戦。

11頭と出走頭数が少ないだけに、こういったレースは確実に射止めたいところ。

------------
 ■ 前提条件の確認
------------


・2枠2番:ヴィンテージイヤー(ブリンカー)
・6枠7番:トーセントレジャー(ブリンカー)
・7枠8番:ドリームコンサート(ブリンカー)

3頭もブリンカーを着用して出走する馬がいるが、

3頭とも初めての着用ではなく、ここ数走ずっとブリンカー着用してレースに出ているので、

ここでの大きな上積みは見込み辛いかも。

-------------
 ■ システマチック予想
-------------


続いては展開予想。

これと言って逃げ馬が見当たらず、近走のレース振りからは1枠1番デザートオアシスが行きそうな感じ。

単騎先行で有利と思われるが、

天気が悪く不良馬場の東京ダートは異様に上がり時計が速くなることが多い。

だから、安易に前残りが有利であると断定はしたくない。


前残りの馬を取るのか、差し馬を取るのか、非常に悩ましいところ。

しかし、ここは、この東京1400mダート(重)でラスト3Fを34秒台の脚を使った実績がある

 ・8枠10番:インディーズゲーム

を軸に購入をしたいと思う。

他に、鋭い脚を使えそうな馬も見当たらないしって感じ(^^;。

消去法のシステマチックスタイル。


馬券は3連複で以下の買い目で購入しようと思う。

差しが決まると見込んでの見解だけに、荒れる要素も大いにあると思っている。

(3連複フォーメーション)
10 - 1,2,6,9 - 1,2,3,4,5,6,7,8,9,11 (30通り)



なかなか雨の日の予想というのは難しい。

でも、このレースを的中できれば、自信に繋がるし、

今後の読みがしやすくなる。

田中勝春という鞍上も少し頼りないし、インディーズゲーム自身も6ヵ月振りのレース。


全てを含めてクリアできるか、楽しみな1戦だ!

【調教展望】6月7日(土)阪神10R 三木特別

【調教展望】6月7日(土)東京11R 麦秋S

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿