土曜日の阪神メインレースは「鳴尾記念(G3)」。

開幕週で天気が気になるところだけど、

天気が良い日が続いていただけに、きっと芝の状態は良いのだろう。

出走頭数は12頭とは少ないけど、先行馬が多い組み合わせだけに、

その見極めは重要なレースとなりそうだ。

<6月7日(土)鳴尾記念(G3)の調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 トーセンジョーダン 6/4 CW 83.6 - 67.8 - 52.9 - 38.7 - 12.6 一杯
2枠 2番 フラガラッハ 6/4 栗坂 51.0 - 37.8 - 25.2 - 13.1 一杯
3枠 3番 カレンミロティック 6/4 栗坂 53.4 - 39.3 - 25.8 - 13.2 一杯
4枠 4番 トゥザグローリー 6/4 CW 83.3 - 67.4 - 52.6 - 38.4 - 12.7 一杯
5枠 5番 サクラアルディート 6/4 栗坂 53.2 - 38.4 - 24.6 - 12.1 一杯
5枠 6番 ロードオブザリング 6/4 CW 87.0 - 70.7 - 55.5 - 40.9 - 12.5 一杯
6枠 7番 エックスマーク 6/4 CW 83.1 - 67.1 - 53.4 - 39.5 - 12.6 一杯
6枠 8番 シゲルササグリ 6/4 栗坂 52.5 - 38.3 - 24.9 - 12.7 一杯
7枠 9番 トウカイパラダイス 6/4 栗坂 53.9 - 39.0 - 25.6 - 13.0 一杯
7枠 10番 アドマイヤタイシ 6/4 CW 83.2 - 67.3 - 53.0 - 39.3 - 12.8 一杯
8枠 11番 エアソミュール 6/4 栗坂 54.5 - 39.8 - 26.0 - 12.5 馬也
8枠 12番 メイショウナルト 6/4 CW - - 63.7 - 46.0 - 13.9 馬也

【◎ピックアップ!】

(5枠5番:サクラアルディート)
前走の新潟大賞典の後も、順調のひとこと。
先週、今週と坂路で終い重点の追い切りでキッチリと動いている。
今週は全体53.2秒、ラスト1F12.1秒と鋭い動き。
併せ馬では遅れてたが相手が悪かっただけ。
一瞬の脚を活かせる展開になれば、チャンスは十分だろう。


(8枠12番:メイショウナルト)
陣営の試行錯誤が見られる内容。
先週CWコースで一杯に追われており、今週は軽めの馬なり調整。
叩き2走目となる今回で、この調整の変化が吉と出るかは
やってみないと分からないが、個人的には馬に合わせた
このスタイルはプラス作用をもたらすと思っている。

【予想】重賞制覇の絶好のチャンス到来、エアソミュール!『阪神11R 鳴尾記念(G3)の3連複勝負【自信度○】』

【調教展望】6月8日(日)東京11R 第64回安田記念(G1)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿