今週は安田記念(G1)。

海外で偉業を成し遂げた馬。

復活を遂げた馬。

成長途上の馬など、

まだまだ力関係が分からない馬たちが激突し合う。

毎年混戦模様な感じがするが、今年はジャスタウェイの1強ムードだね。


過去10年のデータを以下にまとめてみた。

傾向や線引きになるようなデータを探し出せればと思う。


【年齢】
・3歳 1頭
・4歳 1頭
・5歳 2頭
・6歳 5頭
・7歳 1頭

意外にも、4歳馬の活躍はあまりない。
6歳が一番活躍しているレースであり、
ベテラン勢の底力には注目が必要ということだろう。


【人気】
・1番人気 2頭
・2番人気 3頭
・3番人気 1頭
・6番人気 1頭
・7番人気 1頭
・8番人気 1頭
・9番人気 1頭

1番人気はそこまで信頼度は高くない。
毎年激戦となるケースが多いからだろう。


【枠順】
・1枠 1頭
・2枠 3頭
・3枠 1頭
・4枠 1頭
・5枠 1頭
・7枠 2頭
・8枠 1頭

枠は万遍なく内枠も外枠も関係ないといったところか。


【前走の距離】
・1200m 1頭
・1400m 2頭
・1600m 4頭
・1777m 1頭
・1800m 1頭
・2000m 1頭

距離については、かなり幅広い。
スプリンターの参戦が毎年あるけど、
昨年ロードカナロアの勝利で道が開けた感じで、
どの路線から参戦してきても注意が必要。


【前走の着順】
・1着 5頭
・2着 1頭
・3着 2頭
・4着 1頭
・6着 1頭

前走が4、6着の馬は、休養明けの馬で初戦から走る馬ではなかった。
叩き2走目できっちりと変わっているように、
前走の着順が悪い馬を狙う場合は、叩き2走目の馬を狙いたい。


【性別】
・牡馬 8頭
・牝馬 2頭

牝馬の2頭はウオッカ。
2年連続で安田記念を制している女傑。
特段牝馬が不利ということはない。



以上、データをまとめてみたが、

これといった偏りというものがない様に思えた。

後、血統的にもお父さんがSS2世の馬が特別活躍しているレースでもない。

その点もさらに幅が広がる・・・


勝つのはやっぱりその時、最高の状態の馬なのだろう。

【振り返り:31日(土)東京10R「薫風S」】迷ったときはリフレッシュ効果の馬?

【振り返り:1日(日)東京9R「むらさき賞」】リフレッシュ効果はやっぱりすごいね。

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿