土曜日の京都のメインレースは芝1400mの定量戦。

18頭と多頭数だけに、直線ちゃんと進路が確保できるかとういのも1つの焦点だろう。

人気馬が実力馬だけにその点を慎重に考慮していきたい。

------------
 ■ 前提条件の確認
------------


特にブリンカー着用や初芝出走の馬はいない。

-------------
 ■ システマチック予想
-------------


続いて展開予想。

逃げるのは、ニシノカチヅクシかアイムヒアーって感じかな。

ペースは平均くらいになるのでは。


走破時計は1分20秒ちょっとくらいになるのではないかと思う。


次は軸馬選び。

全頭比較をする前に圧倒的人気の1枠1番シェルビーの検討。

ここでは、

【実績】【調教】【コース相性】【叩き2走目】というプラスのファクターが

適応できるので、もう、この時点で軸馬に確定だ。


単勝は1倍台だし、みんな安心して買っているのだろう。

もし、負けるとしたら内で詰まって出れなくなった時だろう。

それも競馬だし、それはそれでしょうがない。


馬券は3連複で相手は調子の良さそうな馬をピックアップ

(3連複フォーメーション)
1 - 3,4,5,8,9,10,11,14,16,17 (45通り)


相手を10頭選んで流す形。

シェルビーは前走のマイルで最後の最後で止まってしまったし、

距離短縮はプラスに出ると思う。


ここは天才武豊の手綱捌きに注目してレースを観たい。

頑張れ! 豊ちゃん!!

【調教展望】6月1日(日)東京12R 目黒記念(G2)

【予想】コースロスなく内からモーリス!『京都10R 白百合Sの3連複勝負【自信度○】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿