6月1日(日)はダービーDay。

東京の11Rではなく10Rだから間違えないように注意したいところ。

ダービーを待ちに待ったという人も多い事だろう。

3歳の頂上決戦。

最後の直線の攻防はきっと見物だろう。

調教の動きから、しっかりと状態の良さそうな馬を見つけ出したい。


<6月1日(日)日本ダービー(G1)の調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 サウンズオブアース 5/28 CW 81.2 - 65.3 - 51.6 - 37.6 - 11.6 強め
1枠 2番 ワンアンドオンリー 5/28 栗坂 52.2 - 38.9 - 25.9 - 13.3 強め
2枠 3番 マイネルフロスト 5/28 南W 69.0 - 53.1 - 39.0 - 12.6 一杯
2枠 4番 アドマイヤデウス 5/28 栗坂 53.5 - 38.8 - 25.2 - 12.3 一杯
3枠 5番 トゥザワールド 5/28 CW 81.4 - 65.5 - 51.2 - 37.9 - 11.7 仕掛
3枠 6番 ショウナンラグーン 5/28 南W 81.7 - 66.0 - 51.8 - 37.9 - 12.9 馬也
4枠 7番 ウインフルブルーム 5/28 栗坂 53.5 - 38.6 - 24.9 - 12.5 馬也
4枠 8番 スズカデヴィアス 5/28 栗坂 54.2 - 39.5 - 25.6 - 12.6 一杯
5枠 9番 アズマシャトル 5/28 栗坂 53.8 - 39.3 - 25.1 - 12.2 一杯
5枠 10番 ベルキャニオン 5/29 南W - - 53.4 - 38.1 - 12.9 馬也
6枠 11番 ハギノハイブリッド 5/28 CW 81.0 - 65.4 - 50.8 - 37.5 - 12.3 馬也
6枠 12番 エキマエ 5/28 南W 68.1 - 52.7 - 39.2 - 13.0 強め
7枠 13番 イスラボニータ 5/28 南W 82.8 - 66.4 - 52.0 - 37.7 - 12.8 馬也
7枠 14番 タガノグランパ 5/28 CW 84.7 - 67.8 - 52.5 - 38.3 - 11.8 仕掛
7枠 15番 サトノルパン 5/28 CW 66.4 - 50.5 - 37.5 - 12.5 一杯
8枠 16番 レッドリヴェール 5/28 栗坂 53.3 - 39.2 - 25.7 - 12.7 馬也
8枠 17番 トーセンスターダム 5/28 CW 82.0 - 66.3 - 52.8 - 38.1 - 11.8 G強
8枠 18番 ワールドインパクト 5/28 栗坂 54.7 - 39.5 - 25.5 - 12.8 一杯


【◎ピックアップ!】

(1枠1番:サウンズオブアース)
前走の京都新聞杯(G2)2着後も順調の一言だろう。
今週はCWコースで併せ馬で追い切られた。
全体(6F)81.2秒でラスト1F11.6秒と鋭い動きを披露した。
まさに今が成長途上といったところか。
動きの良さから狙いたい1頭。


(3枠5番:トゥザワールド)
前走の皐月賞(G1)2着後も順調に乗り込まれている。
先週、今週とCWコースで追い切られ、共に全体81秒台と速い時計。
今週はラスト1Fを11.7秒と仕掛けられると鋭く反応している。
前走では切れ味に少し不安を残すレースとなったが、
川田Jがどんな騎乗をしてくるのか、楽しみな1頭。


(4枠7番:ウインフルブルーム)
皐月賞(G1)3着後も順調に乗り込まれている。
中間は栗坂コースで追い切られており、3週連続で終い重点の追い切り。
鋭い動きを見せており、今週は全体53.5秒でラスト1F12.5秒と
馬なりで上がってくる。
何より、前走の皐月賞の時よりも調教の動きが良くなっているように感じる。
良化している1頭だろう。


(6枠11番:ハギノハイブリッド)
前走の京都新聞杯(G2)を快勝後も順調といった感じか。
今週はCWコースで追い切られ、鞍上にウィリアムズを乗せ追われる。
全体(6F)81.0秒、ラスト1Fを12.3秒と馬なりで計時。
この馬のペースで追い切られている感じに好感が持てる。
引き続き調子は良さそうだ。

【ミニコラム】ベルシャザール引退。おつかれさまでした。

【ノウハウ(ツール)紹介】狙ったレースに絞って回収率を100%以上にするには・・・

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿