ちょっと、反省の時間が遅くなってしまったが、このレースは3連複で馬券を購入する際、軸馬が当たっていたのに、相手が1頭抜けていて万馬券を取り逃したレース。

なんとも悲しい想いをしたレースなのだ。

しかも、690倍もついてたし・・・(/_<。)

思い出したくないんだけど、振り返ってしっかり復習しておかないと、次につながらない気がするから、やるべきかなって思う。


この11月17日(日)東京11Rの霜月ステークス。このレースは元々荒れそうな感はあった。

人気を3番コパノリッキーと5番エーシントップで分け合う形で1番人気でも単勝4.0倍もついていた。

このレースでは、2着に来た16番ウォータールルドを軸に選定した。

メンバーを見渡して、ペースが速くなることはないだろうと判断し、

”先行できて、尚且つ残り3Fで35秒台の足を使える馬”

なら、まず大丈夫だな、と仮定。

そうすると、珍しくカッチリと当てはまる馬が1頭だけいたという訳。

それが16番のウォータールルド。

軸は簡単に決まったよ。

通常なら、条件絞った時に3頭くらい該当する馬がいるので、軸馬を決めるのも時間が掛かる作業となるんだけど・・・


裏を返せば、軸があっさりと決まってしまうレースというのは、

「自信があるレース」

と言える。

3着以内に来る確率は今までの経験上80%を超えていると思う。


しっかし、3連複での勝負だから、残りの2頭もきっちり射止めなければいけない。


このレースでは、相手の馬を10頭選んでのフォーメーション買い。
組み合わせで言えば45通り。


相手は以下だ。

・1番:マルカベンチャー(9番人気)
・3番:コパノリッキー(1番人気)
・4番:チャーリーブレイブ(4番人気)
・5番:エーシントップ(1番人気)
・7番:エベレストオー(16番人気)
・9番:インペリアルマーチ(8番人気)
・11番:シセイオウジ(6番人気)
・12番:メイショウツチヤマ(11番人気)
・13番:セレスハント(7番人気)
・14番:オースミイチバン(12番人気)

と1番人気から16番人気までちゃんと自分の選択基準に沿って買っている。

だが結果は

1着:5番エーシントップ
2着:16番ウォータールルド
3着:2番サクラシャイニー

という結果になった。

3着に来た、2番サクラシャイニーを買っていなかったのだ。

”うぉーヽ(`⌒´)!、あり得ない”

この外し方が一番悔しい。。


しかし、裏を返せば10頭の選び方の精度が低いというだけだ。


みんな予想をする上で、

「騎手」、「調教」、「展開」、「コース」・・・など

色々なファクターで決定していると思う。

自分の場合は、このファクターが10種類。

そして、ちゃんとこのファクターのウエイトに沿って予想ができていたかをチェックすると、

”ミスってましたがなぁ。”

システマチックに選択するのであれば、

1番:マルカベンチャー
14番:オースミイチバン

は買うべきではなかったね。

代わりに

2番:サクラシャイニー
15番:グリッターウィング

を買うべきだった。


きっと予想をするとき、集中力を欠いていたんだろうな。

もっと真剣にならないといけないということだ。

しかし、これと同様に東京7Rの万馬券と京都7Rの万馬券も軸が当たってるのに相手を外してしまった。

散々な1日となったが、この教訓が今後に繋がってくれればそれでいいと思ってる。

この糧を次のJC(G1)に活かそう。


【つぶやき】ジャパンカップ(G1)を占う

【つぶやき】万馬券を毎週的中させるために必要な・・・

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿