「あれ? いつもの感じじゃないよね?」

直線の途中から心の声が大きくなる。

「負けるのか? 負けてしまうのかー?」

ゴール前ではテレビを見ながらそう思った。

歴史的な牝馬になるんじゃないかと思っていた圧倒的な1番人気のハープスターが負けた・・・

脱力した・・・。


-------------
■ オークスを振り返る
-------------


オークス(G1)を振り返りたいと思う。

(レース映像)


(オークス(G1)のレース詳細結果はここをクリック)

紙面上の結果だけを見れば、ハープスターは上がり3F33.6秒と1番速い。

2番目に速いのが34秒0だから、申し分ない。

結果的には、前半のペース等も含めて位置取りに問題があったということだろう。


キズナみたいに、

「実はレース中に骨折していたかも知れません・・・」

なんてことだけにはなって欲しくない。

ハープスターの無事を願おう。


---------------
■ 自分の馬券の反省
---------------


(戦前のオークスの予想)
⇒ 【予想】ハープスターの相手は血統面と実績面を優先に。


”なんで自分は1着のヌーヴォレコルトを買わなかったんだろう?”

ここを反省しないといけない。


というのも、血統面から

 ・ヌーヴォレコルト(1着)
 ・ペイシャフェリス(17着)
 ・シャイニーガール(14着)
 ・フォーエバーモア(11着)

の4頭は距離が不安かなぁって思ったから、この4頭は買わなかった。

母系が短距離系だったから、2400mに不安を感じた。

だから、購入対象から外してしまった。

確かにヌーヴォレコルトのお母さんはオメガスピリットで、生涯1200mしか走ったことはない。

オメガスピリットの父が短距離系のスピニングワールドということもあるから自然な流れだろう。

でも、ヌーヴォレコルトは走ったね~。強かったね~。。


結果的に馬券は外れたのだから、

「母系の血統だけで距離の融通を判断はしてはいけない」

ということを学んだ。

これは来週のダービーにも適応できるから、気を付けようと思う。

そして、鋭意血統について詳しくなろう、と強く感じた。


3歳戦は難しいね。

だけど、諦めずにチャレンジして、予想力をつけていきたいと思う。

【振り返り:24日(土)東京11R(メイS)】×ラウンドワールド ⇒ ○スピルバーグ 「軸馬選びを間違った理由」

【予想】前走と同様な感じで上位争い!『東京12R 丹沢Sの3連複勝負【自信度◎】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿